2015年11月30日

出雲の神社3

こんにちは、浸透研究家、言の葉セラピストの川合絵津子です。
ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

さて、出雲の神社の続きでございます。
2015-11-20-08-15-51_photo.jpg
最初の日、出雲大社さまに御参りをしたとき、
素鵞社で非常に心動かされる、と申しますか。。
ご神威を感じることしきりでございました。

この初日には、
その後某神社さまに
超特急で御参りをし、
(あまりに時間がなくて御写真撮らず。。)
先に出雲入りしていた方と合流してから
美保神社に御参りしました。

そしてその日は終了。

翌日は私一人で
スサノオノミコトさまがお祀りされている
須佐神社さまへ。。
2015-11-21-12-52-34_photo.jpg
こちらも出雲市駅からバスにのって、
さらにタクシーに乗るという少し不便なところですね。

久しぶりの御参りになります。

初めて御参りしたのは
もう10年以上前のことになるのですが
そのとき非常に印象的な事がありました。

そのときの詳しいことは
まあ、おいておくとしましても
スサノオノミコトさまは
嵐、雷、雨、霰などを自在に掌る神さまだなぁ、、ということを
感じる出来事でもありました。

この日はおかげさまで
お天気はそこそこ。

曇ってはいましたが
雨はふらずによかったと思います。
須佐神社.jpg
(またしても、このお写真にもちょこっと何か映り込んでいる気がするのですけれども。。
気のせい、、かしら??)



じっくりお祈りさせていただき、
境内をゆったりとまわりました。
2015-11-21-13-15-28_photo.jpg
そして出雲市駅に引き返して
とうとう初の神迎えの祭りに参列するわけです。

posted by 明日処 at 16:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

出雲の神社2

2015-11-20-08-03-17_photo.jpg

こんばんは、神道研究家、言の葉セラピストの川合絵津子です。
ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

出雲の旅のお話。

美保神社さまに御参りしたことを
書きましたが

その前に、、
出雲大社さまに御参りしたのを忘れておりました。。

と、いいますか、
旅の間、何度も何度も御参りしております。


この写真は朝早めの時間帯。
あまり人がいない時に撮したものです。
それでも8時少し手前くらい。

今年の神迎えのお祭りは連休とかさなりましたので
大変な賑わいだったのですが
この日はまだましな方で。


大社さまの参拝は午前5時半から
門が開いて御参りすることができました。



2015-11-20-08-11-57_photo.jpg

これが大国主神さまがお祀りされているご本殿の入り口。
いつもはしまっていますね。

でもこの神在り祭の期間中行われるご神事のとき
中に入ることができます。

あとはご祈祷を受けた方も中に入って
参拝できるようですよ。



朝早いといっても
裏手の素鵞社は列ができておりました。

2015-11-20-08-15-51_photo.jpg

これは列ができる前に撮ったお写真です。

素鵞社さまにはスサノオノミコトさまがお祀りされています。

今回スサノオノミコトさまに
感じ入る場面、多かった気がします。。。

素鵞社さまの神さま、、
やっぱりすごかった、、ですね。

大国主神さまも
とても大きくてお優しくて懐がふかい方で
すごくありがたい思いを感じました。


こういう部分はまた追い追い、、ということで。



posted by 明日処 at 21:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

出雲の神社1

美保神社.jpg


神道研究家、言の葉セラピストの川合絵津子です。
ブログをご覧頂きましてありがとうございます。


出雲国の美保神社さまは
いつも穏やかでやさしい雰囲気で迎えてくださいます。


松江駅からバスに乗って、一度ターミナルでバスを降りて
コミュニティーバスに乗り換えるという
行くには少々手間がかかる遠い場所に鎮座しているのですが

それでもなんとなく行きたくなってしまう神社さま。


今回御朱印帳を持ってくるのを忘れてしまったのですが
おめでたい鯛の柄の御朱印帳を見つけて
それをいただくことができました。


しっかりお祈りして
まったりと境内ですごしました。

幸せな旅のはじまり。

美保神社2.jpg


こちらには事代主神さまと三穂津姫命さまがお祀りされています。

この神社さまのご本殿の建て方が少し変わっています。

美保神社さまのサイトによりますと、、、

向かって右側の「左殿(大御前、おおごぜん)」に三穂津姫命、
向かって左側の「右殿(二御前、にのごぜん)」に事代主神をお祀りしています。


とのことで、屋根が二つあるように見えるのです。

大社造の二殿の間を「装束の間」でつないだ特殊な形式で、
美保造または比翼大社造とよばれており、
建築用材の大半は美保関周辺に自生していた松を使用し、
屋根は檜皮(ひわだ)で葺いています。


2枚目の写真の拝殿後ろに
ちょこっとだけ屋根が二つ連なっているようにみえるかな?と
思うのですがいかがでしょう??

そして、、
2枚目の写真にちょこっっと何か映り込んでいるように思うのは
わたしだけ??でしょうか

以前ここをお参りした時
出会った方が、
「こちらにお参りしてお願い事が叶った気がするので
お礼にお参りにきました」とおっしゃっていました。

今度12月3日には諸手舟神事というご神事があります。

もしご関心のある方はチェックしてみてくださいね。

posted by 明日処 at 19:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

旅から帰りました

スノーマン.jpg

こんにちは、神道研究家、言の葉セラピストの川合絵津子です。
ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

ようやく神さま拝みの旅からもどりました。

帰ってきてみて
今までとエネルギーが変わってさらに進んでいることに
気がつきます。

これから更に進んでゆくと思います。


今回は出雲国を中心にいくつかのお社をお参りして参りました。


初めて神迎のお祭に参列させていただいくことができました。
今日は、縁結大祭だと思います。
ご縁をつないでくださった方に
この場をお借りし、心より感謝申し上げます。


くわしいご報告などは
また後ほど




posted by 明日処 at 11:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

11月の生魂之会

akirujinnja_3.jpg

こんにちは、神道研究家、言の葉セラピストの川合絵津子です。
ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

11月17日の生魂之会では
武蔵五日市鎮座の阿伎留神社さまに
正式参拝をさせていただいてまいりました。


当日、拝殿に上がらせていただき
参拝まで、静けさの中で座っておりますと
いつものように
ありがたい、という気持ちで体がいっぱいになって
その思いがあふれるようでした。

そして修祓だけでなく
祝詞も奏上くださり、
さらには一人一人玉串奉奠をさせていただくなど
宮司様にはご高配賜りまして
誠にありがたく
御礼を申し上げます。


正式参拝後は
いつものように
わたしが質問を次から次へと。。。


お忙しい中すべての質問を
くわしくお答えくださり
大変貴重なお話を
お伺いさせていただくことができました。


正式参拝のときにはお一人お一人がどのようなお心持ちで向かっておられるか
そして神さまがそれをどんな風に受け取っておられるのかが
およそ伝わって参ります。

今回もみなさま大変よいお参りになられたようです。



参拝後さっそくビジネスで
進展がみえたというご報告をくださった方もおられました。

畦切大神さまの御神徳のすばらしさを
あらためて実感しますとともに、

それをまっすぐに受け取ることのできる
お心の素直さがすばらしなと思った次第です。

次回12月は
今のところ
宝登山神社さまにお伺いしようかと思っておりますが
まだ未定です。

もしご関心のある方は
これから予定を組みますので
是非ご連絡ください。


ご一緒させていただきました皆様
参拝後の直会もふくめ
とても楽しいお時間をご一緒させていただきまして
ありがとうございました!
posted by 明日処 at 16:09| 生魂之会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする