2016年07月21日

神代の言の葉カード 実践リーディング講座 入門篇第二期募集

こんばんは。
神道研究家、言の葉セラピストの川合深禮です。

card1.JPG

6月に『神代の言の葉カード』実践リーディング講座の入門篇が終了しました。

第二期目の入門篇の講座を10月に開講しようかなと思っています。

内容は

〇日本神話の基本

〇神代の言の葉カードの意味の補足

〇カードリーディングの基礎

を柱にして

エネルギーを読むことや、メッセージの受け取り方の基本

日本的霊性、つまり神さまと繋がるためにはどうしたらよいか


などのお話の入門篇をお伝えしてゆきます。

入門篇の目標はカードをつかったセルフリーディングです。


3名以上の方が集まったら開講します。
お集まりいただいた方々にあわせて
内容を決めてゆきます。
難しすぎるということありませんので
ご安心ください。



日程はまだ確定しておりませんが

また追ってお知らせをします。

ご関心の或る方はどうぞお問い合わせください。

お問い合わせ先

asuka☆earth-healing.jp
(☆を@にかえてメールをお送りください)


posted by 明日処 at 20:35| 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

7月の生魂之会☆秋葉山本宮秋葉神社上社

秋葉山本宮秋葉神社2016.6_2.jpg

こんにちは。
神道研究家、言の葉セラピストの川合深禮です。
ブログをご覧頂きましてありがとうございます。



先日静岡県浜松市鎮座の秋葉山本宮秋葉神社上社に
団体参拝をさせていただきました。
准講のような扱い、、とでも申すのでしょうか。。

正式参拝、というのとは少し違うのですが
参拝者は私たちだけで
内容的には正式参拝というような形でした。


ありがとうございます。



当日は東日本太平洋側、西日本がざーざーぶりの大雨でした。
わたしは都内から車に乗せていただいていったのですが
途中高速道路が80キロ制限がかかるなど
かなり視界も悪く
神社に到着する頃には少しおさまってはいたのですが
まだかなり雨が降り続いておりました。

上の写真は神社へ向かう道を歩くわたしの後ろ姿です。

実はこのとき後ろに続くみなさまたちをどんどんおいて
勝手にスピードUPしてしまう現象が起きておりまして
山岳系の神社さまに御参りするとたまにあるのですが
自分の意思とは関係なく
ものすごく早足になり、神社に近づくほどスピードが上がり
最後には階段や山道を走ってしまうという、、。
俗にいう「天狗さんにおしりをおされる」というような現象でしょうか。。
後ろ姿のふくらはぎがちょっとたくましいのが
うれしいような、残念なような。。(笑)


DSCN3851.JPG

拝殿に昇殿させていただき、
修祓を受けますと祝詞奏上くださるかと思いきや
大祓詞をお二人のご奉仕で奏上くださいました。

さらに其の上に祝詞奏上。。

その後玉串奉奠という
とても丁寧なご拝礼をさせていただきましたことを
感謝申し上げております。
ありがとうございました。


秋葉山本宮秋葉神社20016.jpg

祈祷者待合所にて
写真を撮ったり授与品を拝見したりして

そして外に出てみますと、、

akibasann.2016.7.9_2.jpg

この見事な晴れ間!

あれだけ振っていた大雨がぴたりと止んで、
まるで嘘のような晴天になっており
遠く駿河湾まで見渡せる絶景が
あたかもご褒美をいただいているかのように感じました。


akibasan.2016.7.9_3.jpg

その後直会にて
色々なお話をいたしましたが
とにかく魂の道を本気で歩むという決意をもたなければ
というお話に終始しました。

おそらくはその心意気がなければ
今回の会には参加できなかったということなのかもしれない、と。




さらにほんの数日前にわたしが体験させていただきました
或る神社さまでのお話なども交えまして
わたしも真剣に神さまにむかうことを
決めたというお話をいたしました。

もう何度も何度も逃げない、と決めているけれども
そのたびにまだ甘えがあると
後から気がつくのです。


何回目なのかわからないけれど
ほんとうに
自分の魂からは逃げない
向き合うということ。


これがわたしたち一人一人にとって
大事なテーマであると思います。



これから先の未来がどんな世界になるのか
それはわたしたち一人一人の生き方にかかっている。
一人一人の持ち場で
精一杯まっすぐ命を輝かせなければ。


そんな思いをあらたにいたしました。



8月も生魂之会を行う予定です。
いつものように日程はここではご案内いたしません。
ご参加ご希望の或る方は
お早めにお問い合わせくださいませ。






posted by 明日処 at 16:57| 生魂之会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

小野神社さまにて正式参拝と大祓詞奏上の会

NCM_0663.JPGonojinja_haiden.jpg

こんばんは、
神道研究家、言の葉セラピストの川合深禮です。
ブログをご覧頂きましてありがとうございます。


過日お知らせを致しました
聖蹟桜ヶ丘鎮座の小野神社さまにて
正式参拝と大祓詞奏上をさせていただく会を
7月23日(土)を予定いたしております。


そろそろ10日前ですので
お申し込みを締め切らせていただこうと思います。

もし、ご関心の或る方は
今日明日中に
お問い合わせをいただきますよう
お願いいたします。


参加費は3000円です。

くわしくはこちらの

小野神社さまにて大祓詞奏上の会を開催します☆

記事をご覧ください。
posted by 明日処 at 18:49| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

お山の月次祭 7月

okunoin.2016.7.8.jpg

こんばんは。
神道研究家、言の葉セラピストの川合深禮です。

ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

今日はいつものように月次祭に参列させていただきました。

来年は大事な式年大祭が行われるお山の神社。

今日は拝殿内を漆塗り中らしく
神楽殿にてお祭りを齋行ということに。

お祭りの時間よりいつも早めに行くのですけれど
ふと見ると神楽殿に白衣白袴の方々が。

rennseikai.jpg

東京都の神職様達でした。
禊行法の錬成会のため
正式参拝とのこと。

お写真はお祭りおわりましてから
許可をいただいて撮影させていただきました。
ありがとうございます。



明日ちょっと早起きなので
今日は奥のお山には登らずに
帰ろうと思っていたのですが
結局登拝させていただきました。


ここのとこと体力つかいまくりなので
今日は早く眠れそうです。

明日、早起きをがんばろうと思います。

明日も忙しいです。。。
posted by 明日処 at 20:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

不思議なお導き

ワープ.jpg

こんにちは。
神道研究家。言の葉セラピストの川合深禮です。

ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。



実はちょっと遠出しておりました。


あるお社の大祭に参列させていただいてまいりました。


ご縁をいただきましたときも
その流れの不思議さ、はやさに
驚嘆するばかりだったのですが

今回またご縁をふかめさせていただけて
本当にありがたいと思っております。


初めて御参りさせていただきましたときも
神さまのすばらしさを感じるとともに
そこに集う方々のすばらしさに
感謝することばかりでした。


今回も
小心者(?)のわたしは
ちいさくなりながら
過ごそうと思っておりましたが
いろいろお心を配ってくださる御方のおかげで
すばらしい時間を過ごさせていただけました。
ありがとうございました。



そして
宮司様からは
ありがたいご指摘やお話を
たくさんたくさんいただきました。


こんなこと
ありえない、、、と思うのですが

現実におこったんだなぁ、、、と
いまはぼーっとしています。



今小さな論文を書いていますが
今回の神社さまに御参りして
自分が考えていることが
たぶんあっているのではないか、、
と確信するようになりました。


むろん学問的には
うまく説明できるかどうかはわかりません。
それに今回の御参りの件は
直接には小論文の内容とは無関係なので
なにもふれませんけれども、


でも、ものすごく大事なことがわかったような気がします。



PCと重い資料を玉山ほど持ち込んで
うなりながらようやく
少しだけ自分自身の言葉がでてきたところですが

今回の神社さまでの体験で
それも深まり


神さまのお導きなのだろうか、、と
思っております。


それから
わたしは気が向くと
(あくまで気が向くとなので、
仕事としてはやりませんが)
場所の浄化をします。


そのときに使う装置があるのですが
(装置といっても普通には目に見えませんけれど)
それは勝手におりてくるものなので
どうしてこれが登場するのかな、、と思っていた部分も
ありました。

でも、
”それ”の意味も
宮司様のお話をお伺いしていて
わかったような、、、そんな気がしました。


なんだか、、とってもすごいなぁ。。。


ありがとうございますm(uu)m

posted by 明日処 at 16:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする