2016年12月29日

三峯神社さまで研究会大会

mitumine.jpg

今月のはじめに

わたしの所属している神道の研究会の学術大会を
三峯神社さまで行わせていただきました。

大会幹事ということで
いろいろ大変でしたが

先生をはじめ皆様方のおかげで
無事おこなうことができました。


大会は正式参拝から始まりまして

午後は三峯神社の神主様からのご講話と
わたしの神道学の師匠からのご講話。

その後研究会のメンバーによる発表。

さらに夜は直会(笑)

普段は伺えないようなお話を
お師匠さまから伺うことができて
みなさまとても喜んでおられました。


mitumine2.jpg

翌朝は朝拝。
神主さん4人奉仕の中
大祓詞の奏上。

すばらしく荘厳な時間でした。

その後
師匠と会の代表(不肖わたくし。。)による
玉串奉奠


さらに午後は今宮神社さまにて
正式参拝


そして昼食
oshokuji.jpg

こちらのお食事がとてもおいしくて
皆様にもご好評いただきました。

とてもゆっくり過ごさせていただき
感謝☆感謝です。



長かった一泊二日でしたが
とても有意義な時間を過ごすことができました。


私からお声がけさせていただいた皆様。

ご参加くださいましてありがとうございました。

ご報告遅くなりましたが
御礼申し上げます。


posted by 明日処 at 06:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

来年の流れを知る九星気学&シャーマニックリーディングのお知らせ

toridoshi.2017.jpg

こんばんは、川合深禮です。

はやいものでいよいよ今年もあとわずかとなりました。

今年一年ほんとうにあっという間に過ぎましたが
みなさまにはどんな一年だったでしょうか。


2017年はどんな一年になるのか。
九星気学であなたの運気を解説する
新年特別セッションを
行います。


☆来年の運気全般
気を付けると良いこと。

☆運気上昇のためにすると良いこと


☆来年御参りすると良い神社

ミニカードリーディング
(神代の言の葉カード)

料金は30分6000円です。


そして
プラスαで
シャーマニックリーディングで
あなたの一年の運気の流れをお伝えします。

こちらは九星気学とあわせて
60分10000円です。

ちなみに、、、
わたしは今年気学の視点を活かして
吉方位に転居したのですが
運気に良い流れが出てきていることを実感しています。

気の流れを味方に付けるための学問が気学です。
来年の運気UPに是非お役立てくださいね。

habotann.jpg

来年の運気をさらにUPさせるために

是非セッションを受けてみてください☆


スケジュールはこちらです

1月4日〇

1月9日〇、10日〇、11日〇、13日〇

1月17日〇、18日〇、19日〇、20日〇

1月24日〇、25日〇、27日〇

です。

2月5日〇、

2月10日〇、12日

2月13日〇、17日〇、18日19日

2月20日〇、21日〇、22日〇、23日〇、24日〇、25日26日

2月27日〇、28日〇

赤字日曜日青字土曜日

このセッションはカフェで行います。
お飲み物代は別途ご負担ください。



通常セッションもおこなっております。


〇 ご相談 : 事前に神棚にて浄化のお祈りをし、メッセージをお受け取りします。
       当日はエネルギーリーディングやヒーリング、
シャーマニックリーディングを使って
       ご相談内容にお答えさせていただきます。

  時間/料金: 80分20,000円

* カフェですので、お飲み物代は別途お支払いください


〇リボーンセッション
 事前の浄化のお祈り、とメッセージを受け取り
 当日はエネルギーワークを用いてあなたの魂本来のエネルギーにつながっていただきます。
 もう一度本来の自分自身に立ち返り、今後の人生をどういきてゆくかをご自分自身で体感していただく
 再生のためのセッションです。

 時間/料金 90分/30,000円
     
 *こちらはセッションルームをお借りしますので、セッションルームの空き状況は別途確認します。
ご了承ください。






posted by 明日処 at 22:32| スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

日本の神道文化研究会会誌創刊

日本の神道文化研究会_1.jpg



神道学者 三橋健先生主催の「日本の神道文化研究会」会誌が完成いたしました。

第壱号は[「大山阿夫利神社特集」です。
会誌の目次の写真も載せておりますが、内容は多岐にわたっています。
神道をおおきくとらえて、色々な角度から視点からの原稿が掲載されています。
去年の研究会大会での三橋先生、また大山阿夫利神社宮司様の御講話を興した文章は

是非多くの方にご一読いただきたいです。
また会員の文章も、紀行文あり、文章のプロによる原稿もいくつかあり、

読みやすく興味深い内容になっていると思います。
わたしも寄稿させていただいております。

是非ご一読いただき、

ご感想などいただけたらうれしく思います。もしご希望の方がおられましたら、

私にメールをお送りください。ご案内をさせていただきますm(uu)m
また、先日の三峯神社さまでの大会にご参加くださいました方には

事務局の方からご案内も届くかと思いますが、

それより前にお申し込みになりたい方は御連絡ください。



日本の神道文化研究会_2.jpg


私の原稿は

「東京都あきる野市の二宮神社の祭神について」という

味もそっけもないタイトルなのですけれど


二宮神社さまのご祭神は

国常立神さまなのですが

水神として信仰されているのです。


国常立神と水の神。

すぐには結びつかないようでありながら


その間に

石神の存在があって結びつくという

諏訪大社、さらには伊勢神道を見ながら

二宮神社の祭神について

考察をおこなった論考になっています。


今回三橋先生に原稿をご指導いただきました。

これはもう本当にありがたいの一言につきる経験でした。


こうやってゆくと

論旨の流れがはっきりするのだ、とか

こういう表現をすると

わかりやすいのだということ。


それから今回伊勢神道について考察に加えるよう

ご指導いただいたのですが


家人にこの原稿を見せたとき

伊勢神道のところが一番興味深いとほめられました。


そして

やっぱり三橋先生はすごいね

ご指導いただけて良かったね、と。



わたしも全く同感で

本当にありがたい経験をさせていただきました。




そしてもうひとつ。


この原稿が今の形になるきっかけになったのが

あるお祭りでした。


そのお祭りに参列するために

資料とPCホテルにもちこんで旅行したのですけれど

なかなかうまく進まなくて

悩んでいました。


でも、、

そのお祭りに参列したあと

一回ホテルの部屋にもどって原稿を書き始めたとき


(このままでは先人の偉大な論文をなぞってまとめて終わりの

大学生のレポートになってしまう。

こわいけれども自分自身の考えを書こう)という

はっきりとした気持ちがかたまったのです。


そこから先は

書くことが本当に楽しくなりました。

思い切って書いてみようというふうに

ふっきれたからです。


お祭りのおかげをいただいた、と思っています。

ありがとうございました。

色々なお陰様をいただいて

なんとか仕上げた原稿です。


ご覧いただければうれしいです。

posted by 明日処 at 19:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォイスワーク

live_1.jpg

こんばんは、川合深禮です。

久しぶりの更新です。


この写真、、実は10年前の若かりし頃の写真でして。。
ヴォイスヒーリングのライブをさせていただいた時のもの。。


先日FBでちょっとヴォイスヒーリングについて触れまして、
もうたぶん今生ではやらないと思う。。と書いたのですが


その後ある神社さんにお参りした時
考える間もなく
勝手に声が出てきました。


昔はそういうことはよくあったりしました。

でも
声を使うワークはやめようと思ってから
そういうことはあんまりなくなりました。


しかし
先日の中級講座の時にも
ヴォイスワークを行ったり

最近声を使う機会も徐々に増えている中

御参りで声が出るということと
またその神社で
声についてのメッセージについて受け取ったりということで。


もしかしたらそのうちに
声を使ったワークショップを行うことになるかもしれません。



昔よくヴォイスヒーリングを教えて欲しいとおっしゃっていただく方に出会いました。


ただそれは実際にはなされたことはありません。

一つには私がだれからもこのワークのやり方を教えていただいたものではないということ。
だから教えるというのは難しい部分があること。


それからもう一つは

他の方のやり方はわからないので何とも言えませんが


私のやり方はとても、、、
シャーマニックなやり方だから

声、、をお伝えするということに
留まらないからなのです。


その為の祈りや
祈りのための身体が必要で


そして何より
私の声のワークは
「ヒーリング」ではないから、、なのです。


いうなれば浄化といいますか。。
ただわかりやすい表現としてヴォイスヒーリングと行っているだけで
正直に言えば声をつかったエネルギーリチュアルとでもいうようなものです。



話は少し飛びますが
昔から
私が旅行するときは
前日などに
台風が直撃したり
大雨が降ったりということがよくありました。


また
旅行にゆくとその先で
小さな(笑)地震があったりとか。。


最近でも
生魂之会で
秋葉神社さまや田無神社さまに御参りしたとき
どういうことが起こったか
ご一緒された方はよくご存じだと思います。


以前熊野に御参りしようとしたときも前日台風が直撃で
床上浸水になったり

出雲大社に天井の雲の絵を見るために御参りしたとき

ものすごい豪雨だったのに
私たちの順番がきたらぴたっと止んでしまったり

セドナ旅行から帰ってきたときも

そんなことがあったような。。
(シャスタだったかな。。)

とにかくそんなことは数え切れない程あります。


最近でこそ規模は小さくなってきて
少しコントロールできるようになったような気がするのですけれど。

出雲大社での出来事を以前のブログに書いたら
コメントで怒られたりしたことがあったな。。




つまり、、
わたしのエネルギーがもともとそういうことになっていて

これは島の知人も同じタイプの方がいらっしゃるのですが

天地自然と感応するタイプといいますか。。


で、、

声のワークもそこと繋がっているのです。


だから今生ではもう
この声を使うことがなければ良いな、、と思っていたのですけれども。


なんだかね。。
もしかしたら
使うことになるのかしら。。

いい方向に行くために使わせていただきたいと願っています。




昔セルフヒーリングのための倍音ワークショップというのをやったのですけれど
そんなようなことをやってみるかもしれません。


もしもご関心在る方がおられましたら
おつたえいただけると嬉しいです。



posted by 明日処 at 19:19| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

謙虚さと感謝


1fe06ef857fa3e2cfaa8392f2ffdfa93_s.jpg


思えば私は恵まれているのかもしれません。

今まで色々な師匠にであってきまして、


昔は

なかなか師と思う方に礼をつくすことができませんでしたが

最近ようやく

全てのお導きをありがたいと素直に思えるようになり、

まだまだ不十分だとは思いますが

御礼の気持ちをできうる限り

ことばや態度にあらわして

お伝えできるようになりました。


また

御礼をお伝えしたいと思えるような方に

出会えるようになったということも

ありがたいことだと思います。


そして、

わたしから何かを教わりたいと思う方にも

素晴らしいと思う方をご紹介させていただくことも

できるようになりました。


こういう心持ちにまでいたることができたのは

すべての物事がここまで導いてくださったおかげだと思います。


御礼の手紙や

贈り物

ことば

そうした習慣が身についたのは

とくに

國學院にいったおかげかもしれません。

先生、師匠に礼を尽くす、感謝の気持ちを表すということは

まず自分自身に謙虚な心がないとできないことです。


謙虚さというのが

今あまり人の中に見いだせないので

かえって

それを身につけることができるようになった自分の身がめぐまれているのだなぁと

あらためて思いました。


ほんとうに色々な方々や言葉や事象に導かれて

ありがたいことです。。。
posted by 明日処 at 20:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする