2017年04月19日

病気のこと1

昨日、わたしの目標というか夢について
少しお話ししました。

このことと、わたしが体験した病気のことは
ふかく関わっています。


病気のことはいままであまり書いたことがありません。

でも、、
少しだけ書いてみようかな、、と思います。


2012年8月に『神代の言の葉カード』が発売されたとほぼ同時に
健康診断でみつかりました。

その年は2月に入るとすぐ
義母がころんだ拍子に尻餅をついて圧迫骨折となり
(それもあとからわかったのですが)

病院に入院しなかったもので
自宅でつききりの介護生活がはじまりました。

それがようやく目鼻がついたのが
やはり8月。

ようやくほっとした矢先にみつかった自分の病気でした。


はじめはたいしたことのない病気だと思っていたのですが

地元の病院で再検査したところ
ここではみられないので
大学病院にいってほしいといわれました。


大学病院の予約がとれたのが
病気がみつかってから2ヶ月後。

そこで言われたのは

「非常に悪性度のつよい病気と症状が酷似しているが
2ヶ月たってもこうしていられるということは
おそらく最近見つかった良性の病気だと思われます。
でも、それを確定することは
手術をして臓器を摘出する必要があります。」
というお話でした。

「もし仮に悪性度の高い病の方だったら
治療法はなく、手術をしても予後が悪く
余命もかなり短いと言われています

でもたぶん良性の方だと思いますから大丈夫でしょう、、」とのお話で
なにも考えることができなかったのを覚えています。


とりあえず
一部細胞を取る手術をしましょうということで
その月の終わりに手術をすることになります。

腺細胞の病変だったため
症状はかなり早くすすみました。

あっというまに体力が落ち
愕然とする毎日でした。


posted by 明日処 at 21:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする