2017年05月03日

佐久奈度神社

2017-04-30-08-35-59_photo.jpg


こんばんは、深禮(みれい)です。

先日『神代の言の葉カード』のお礼参りに伺ったのはこちら。

滋賀県にある佐久奈度神社(さくなどじんじゃ)さまです。


祓戸四柱の神々がお祀りされている
式内社(名~大社)です。
瀬織津姫尊
速秋津姫尊
気吹戸主尊
速佐須良姫尊
の神さまがお祀りされています。


2017-04-30-08-35-38_photo.jpg

神社から見下ろす
瀬田川の眺めです。

2011年の夏頃だったと思いますが

ここ佐久奈度神社さまに御参りしまして
祓戸四柱のそれぞれの神々から
お言葉をお預かりさせていただきました。



罪穢れを祓い
その身に負って清めてくださる
ありがたい神々さまです。

このあたり
わたしが習っているもう一つの舞の舞人の役割と
通ずるものがあります。


2011年に訪れたときには
それぞれの神さま達から
はたしてお言葉がいただけるものだろうかと
案じていましたが
きちんと一柱一柱の神々さまから
それぞれお言葉をお預かりできました。
とてもありがたかった記憶があります。


今回こちらに伺う前に
「痛みを受け入れる」という記事で書いた通り
色々しんどい時間もあったのですが
それを受け入れると決め
いらないエネルギーを手放すことを決めたら
あっという間にそれが実現しました。


そんな流れもあり
こちらに伺うには最適な流れだなと思っておりました。

そして、、
そのことについて
やはり一柱ずつの神々から
あたたかいお言葉をいただきました。


それは個人的なことなので
おいておきますが
このブログをご覧の皆様にも
お言葉お預かりしました。


ご神気もすばらしかったですね。


やっぱり
再生と出発にはぴったりの場だったと思います。


ほんとうに今の時代

もうこのエネルギーはわたしの本来のエネルギーではない
と気づいて手放すと
すぐ次のレベルに移行できます。


太元の大神さまと
心をあわせて
それ以外のエネルギーは
まったく不要であるということに気がつけば
進みはすごく速いですね。




勝ち負けだとか
マウンティングだとか
上から目線とか
自己中心とか

なんでもいいのですが

そういうめんどうくさい波動は
もういらないと決めることで

その世界から離れることができますし


太元の神のエネルギーとともにあると
世界がものすごく美しいことにも気がつきます。


自我をなくすことができない、と信じている人には
そのように世界はなりますし

太源の意識と誰だってつながれるとしんじているなら
その世界が開けてきます。

選び 形作るのは

いつだって一人一人の足下からです。


今回の旅で
そのことを再認識しました。

もう分岐点をすぎて
やがてそれぞれが選択した世界が
足下から広がってきています。


重いエネルギーを自分自身のエネルギーであると
決めた人も

それは
後天的に身についてしまった必要悪であって
これは手放せると信じた人も

それぞれの世界を
自分自身が作り出してゆきます。



完全に自己責任の世界。

たのしいですね



posted by 明日処 at 19:52| 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする