2017年06月05日

神代の言の葉カード 速佐須良比

t02200304_0800110713361238874.jpg

こんばんは、深禮(みれい)です。

今日は祓戸四柱の中の最後の女神である
速佐須良比唐ウまについてのご紹介です。

最初は2012年8月に出版されたカードの
ガイドブックに記載されているメッセージから。。

「祓えば罪穢れは無くなる。
確かに無くなろらうが、行いと言葉への反応は
必ず返る。
行いや言葉が無くなるわけではない。
それは必ず何らかの反応を生む。
だから人は
腹から心まで
まっすぐつながっておらねばならぬ。
よく己を振り返れ。
己が心を振り返れ」

というものでした。

耳が痛いお言葉なのですけれど

勢いに任せた言葉って
よくあります。。


特にまずいのが
メールとかラインとかなどの
書いて送った言葉ですね。


書いてしまったものは
相手のところにずっと残りますから。

言った方、
放った方は忘れるのでしょうが
受け取った方は
簡単には忘れにくい。

話言葉も同じですが
記録が残っているとね。。


後から
なにかまずかったと思ったときには
せめてまずは
お詫びはしたいと自分の場合は
思ってます。

言葉で出したものは
まずは
言葉によってとりけすべきだと
わたしは思っているので。


なんとなく悪いと思っているって
わかるでしょ、、、で
すまないことってありますし。


その後で
誠意をもって接するというか。

それでもわかってもらえなかったときは
仕方がないのかな。。



ほんとうに
気をつけたいものです。


さて、、
次に4月に佐久奈度神社さまに御礼の御参りをしたときに
ブログをご覧になっている方に
メッセージをお預かりさせていただいた言葉です

「終わったことにしがみつかぬこと
終わったら
はじめの心にもどれ
すべて循環する
1つが終わったら
またはじめの心に
もどることぞ」


とのことです。


いつまでも
一つのことにしがみついてしまうことって
あります。

たとえば、、
しがみつくものといえば
過去の恋愛とか???
許せない思いとか??
苦い思い出
悲しい思いの数々、、
といったところでしょうか。。

そういったものは
もういらないと思っているのに
なにかひっかかってしまったりして
自分の進みを妨げてしまう。


でも
済んだことは仕方がありません。

速佐須良比唐ウまにお預けして
先にすすみましょう、
ということでもありますし、、

また

一つの事を成し遂げたからといって
いつまでもそれを反芻して
余韻にひたっていては
その先のレベルに進めない
ということでもありますよね。


とにかく
すべての物事は循環しますから

どんどん
先に進んでしまいましょう!


わたしも
最近大きな一つの階段を
登った感覚です。

今日は節入り。

また
今月もがんばりましょうね〜
posted by 明日処 at 22:43| 神代の言の葉カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする