2017年06月06日

盛会でした。

DSCN3064 (4).jpg

こんばんは、深禮です。


先日の舞の会で
若先生が神社の月次祭に
舞を御奉納されました。

その日は私の神道学の師匠主宰の
研究会も神社で行いまして

大変盛況な会となりました。

ご参会の皆様方
お世話になりまして、
ありがとうございました。




IMG_1961 (4).jpg
一応、お稽古風景として、
わたしだけの写真。
本当はもっとたくさんの方が
舞っています。

この舞につきましては
ご縁の或る方にのみ、
伝わる舞だと思います。
ですから、
はじめてまだ間もないわたしが
あまり宣伝するのもいけないと思っています。

ただ、、
感想だけ。

若先生の舞、、

本当に素晴らしかったです。

舞が始まる前の立ち姿だけで

胸の真ん中が震えて
ただただ涙が静かに
あとからあとから流れてきます。


そのうちに西向きの拝殿の入り口から
夕日が差し込んできたらしく

みなさまおっしゃるには
スポットライトがあたったように
美しく舞人が輝いていたと。


わたしは
ただただ
静かに
涙しておりました。


終わったあとは
何か心の中が浄化されたようで

本当にありがたかったです。


この舞に出会えてよかったです。


とにかく
皆様に有益な化学変化があれば、、
との思い一筋で

あちこちに
調整の連絡をとらせていただきましたが

お慶びのご感想を
メールや直接
お寄せ頂きましたこと

ほんとうに
ありがとうございました。
この場をお借りしましてまずは御礼を申し上げます。

今は
ほっと一安心しております。



当日急居20名様の直会会場を
おさえましたので
一部屋に全員の方にお入り頂くことができず
行き届きませんでした。
申し訳ありませんでした。


ですが、、
後から伺うと
違うテーブルにおられた方々も
とても楽しいお話で盛り上がられたとのこと。


わたしも
色々なお話お伺いしたかったです。




私はといえば
色々おつなぎすることに
精一杯で
飲食をあまりできなかったのですが

それにさっと気づいてくださった
研究会の方が
おにぎりをたのんでくださったりと
あたたかいお気遣いをいただき
本当に感激いたしました。
ありがとうございました。



とにかく
人と人の輪 和をつなぎたかったのです。





わたしはこの和が
とても大切です。


ただそれだけです。


みなさまのおかげで
本当に楽しいひとときを過ごさせていただけて

そのことが

よるべなく海をただよっているわたしに
まるで浮き輪を投げかけてくれているような

ほっとしたひとときを
与えてくださいました。


心より
感謝申し上げます。

ありがとうございました。
posted by 明日処 at 21:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする