2017年07月20日

わたしの小さな本気って。。。

こんにちは、深禮です。

今日も少し過ごしやすくてありがたいですね。


出かける前に 近所の神社さまへ御参りに参りますと

なんだか雲行きがあやしくて
強い風が吹いていて

おまけに
いつもいるセキレイ(かな?)が
わたしが近づくと逃げる。。

これはもしかして
昨日のブログの内容がいかんのでは。。

などと思いまして

ご挨拶の後伺ってみました。

すると


古代の稲荷社で祈ったとき
どうだったのか
おまえ自身はどう感じたのか
どう受け止めたのか
否定しているのかそれとも違うのか
がわからない。
その時の感動を書くようにと促されました。


さらに末社に
稲荷さまがいらしたので
加筆することをご挨拶しまして
なんだかその場でも
感動してうるっときまして。。


末社の一つに
三峯神社さまがあり、

実は祖父もよく
なにかの時には
三峯さんに御参りしていたので
ゆかりのお社でして。

そんなことを思い出して
神さまへのご挨拶の後
先祖様にも三峯さんを通して
感謝のお祈りをさせていただきました。

ここにいること
生きていること
ありがとうございます。
おかげさまです。
ご恩が返せるような生き方を
精一杯できるようがんばります、と。

所詮、精一杯しかできないんですが
それでも 精一杯やる。。

そんな気持ちで神社をはなれて

吉方をとりに向かいました。

帰り道は
とっても天気になって
陽がさんさんと照って
セキレイも わたしの近くを
道案内するように歩いてくれていたので
これでよいのかなぁ、、と
ちょっと安心しました。




吉方をとりに
時折いく駅。

駅近くにコンビニがありまして
そこでコーヒーを買って
駅のホームですこしぼんやり時を過ごします。

あんまり利用客もいないので
ゆっくりとできます。

そこにいると
いつも どうしてなのか
とても気持ちがよくなるのです。

もちろん吉方だからなのかもしれないのですけれど。

なんだか
とてもありがたくて。

次の瞬間自分がどうなるかなんて
わからないことで
その先のことなんて
もっとわからないことなのだけれど

今 ここに
こうして 幸せでいられることが
とてもありがたくて。

ぽっかりうかんだ雲を見ていると

なんだか
とてもあたたかくて 大きな気持ちになります。

ここにいられることに感謝

この場所の神さまに
こころから感謝 
でした。



ちいさな幸せなんですが
とても幸せな時間でした。

ありがたいです。

先日のブログで
わたしのちいさな本気、ということを書きましたが

わたしの本気はほんとに小さいです。


ただ目の前のことを
精一杯やる、という程度だし

お料理とかお掃除とかお洗濯とか
ただ できる限り精一杯でやる。

歩いていても

できるだけよい波動をだそう
少しでも世界がよい方向にすすむように

自分から
よい波動をだそう とか。

神さまとつながったときの
あのエネルギーでいつもいよう、とか。。

それでも一瞬ずれるときだってあるし
常に常に、、と意識し続けるということ。

なんだかそんなレベルです。


それで
帰途につくとき
電車の中に
あかちゃんをおなか側にだっこした若いお母さんがいまして。

その赤ちゃんがぐっすり眠って
首を外がわにかっくんして
完全に安心して ゆだねきって
ぐっすり寝ているんですね。

お母さん 重くて大変だな、、と思いながら

あの赤ちゃんみたいに

世界に 神さまに

全部をあずけて

安心して ゆだねきって生きれば

それでいいんだってことなんだよなぁ。。

と思いました。



どの瞬間もありがたい

そう思うことが

思えるように過ごすことが

わたしの ちいさな本気、、の積み重ね、かな。。



posted by 明日処 at 15:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

徒然なるままのたわごと〜稲荷神〜

こんばんは、深禮です。

いつもですと

きちんと 論文を参照して

原典をご紹介して・・・、という形で
文章を書いてゆくのですが

今日はおもいきって

ただおもいつくままに

すなわち、かなり無責任ではありますが
私見で書いてゆこうかな、、と思います。


稲荷神のこと。です。



稲荷という神の性格はとても複雑です。

すくなくとも現代では。

たとえば仏教系とか神道系とか。

そんなおおざっぱな分け方もありますし。


わたしが見るところでも

おおよそ

稲魂系とか

あとは祖霊系というか荒神系というか
自然霊との入口。というか代表とかいうか、
そういう稲荷神もあります。


稲荷神
すごい神さまではありますが
あまりお近づきの感じではありません。
個人的には。


ほんとうに個人的体験からすると
土地神さまの代表として
稲荷神 の祠が
その受付を担ってくださっている例はたくさんあって。

以前その土地神系の稲荷さまには
とても素敵なプレゼントをいただきました。

手術後おもうように歩けないときに
お花見したいなぁ〜と思っていたら

わたしの顎をふいと空にむけてくださって
見ればそこに
桜。

高い高い枝の上に
花が満開でうつくしかったな。。

いつもご挨拶している小さな祠の稲荷さまからのプレゼントでした。


古事記だったかな。。

どなたか天皇が亡くなられたときに

山 海 川に幣帛をささげたという記述があったような。

ようするに

祖霊、ですよね。

祖霊という言い方は
語弊があるのかな。



柳田国男が『先祖の話』で述べているような
冬は山に籠もり
春になると里におりてくる
祖霊。
ですね。


ようするに
人の御魂はほどけて原形質になる
その集合体である霊でありチであるような
神霊。ですか。。



先日 走水神社さまに御参りさせていただきまして

そこに

神社創建以前の古い神さまの祭場跡があります。

古代稲荷社跡という説明書きがあるのですが

そこでご挨拶したとき

ほんとうに素晴らしかったんです
ご神気が。

わたしの大好きな

荒神さま系の

あらあらしくつよくて
自然そのものの。
神さま。

荒神さまって
怖いですよね。

たたる神さまですから。

でも

わたしは個人的には好きなのです。

自分もけっこう荒々しいので



ただ古い立石が中心にありその両脇にも小さな石があります。

そこで祈る。

意識をあわせた瞬間に

ただ圧倒的なありがたさにつつまれて
地にひれふすことしかできない。

わたしの場合
あまりにありがたい、、と思うと
もう泣くしかできないんですが
そうなりました。

すこし落ち着いて
そこにいると
天から木々から
地霊の響きがつたわってくる。

こころが震える空間でした。



あのすばらしい感じは
奄美でも感じた感覚でもあり

出雲の原初信仰の場である
某祠でも感じた感覚。

恐れ多く
強く

そして
かぎりなく
やさしい。

もちろん
恐ろしい。


でも
だいすき。。な神さまの系譜です。


日本という国の形は
まるで龍のようですが

この荒神さま系の神さま

一つの祀られ方は
龍蛇神として祭られる系譜があり

それは
奥出雲であり

はたまた
諏訪の神さまでもあり。

諏訪の神さまといっても
タケミナカタの神さま以前の神さまですが。。


無から有
その際を掌る神さま。


柱をつたわって降臨する龍蛇神。


依り代である柱はファロスでもあるのかも。

だから

女性しか祭祀できない
龍蛇神 雷神の例もあったと記憶しているのですが。

詳細はきちんと書かないと、、ですよね。
今は 触れるだけでお許しを。




そして一方では
稲荷神

同じように自然霊荒ぶる神でありながら
大地母神であり
大地 母であり
暗黒であり
無から有である神。


そう。
そこ人は祈りをささげて
無から有へと変換させる。

無限である命の源への通路。

依り代?あるいは祀りの場である
その裂け目はヴァギナでもある。

穴守稲荷だけでなく
稲荷神に穴はつきもの ですから。。

そこは
ここと彼方をつなぐ
つなぎ目 
異界との通路 裂け目・・・。

大いなる大地の神。
母神。



だから
龍蛇神と稲荷的神は
かもしれず。。。


それは火と水の対なのかも。




今日はかなりいいかげんに書いてしまって申し訳ありません。

でも、、、

そのうち
論文を確認しながら
書いてみたい一つのテーマ
ということで
お許しくださいませ。


ほんとうに
全国の色々なお社に御参りして
確かめたいことが山ほどあります。。

いつになるかわからないけど。。




今日から
土用。

季節の変わり目。
身体のなかから
色々なものが吹き出る季節かも。


お元気でお過ごしくださいませ〜
posted by 明日処 at 21:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

神代の言の葉カード〜弟橘比売命〜

t02200305_0800110913361238875.jpg

こんばんは、深禮(みれい)です。

今日は少し涼しくて
こちらでは雨もふりまして
いくぶん過ごしやすかったです。


さて、、
今日は弟橘比売命(おとたちなばひめのみこと)さまゆかりの
神社に御参りさせていただきました。

2017-07-18-12-11-48_photo.jpg

倭建命が走水の海に至ったとき
海が大いにあれ
倭建命を無事に海を渡らせたもうために
自ら海神のもとに沈んだといわれる
弟橘比売命。


いつも御参りにゆくお山も
倭建命の伝承があるので
弟橘比売命もお祀りされています。



そして、、
神代の言の葉カードでの
弟橘比売命さまからのメッセージは、、


「魂は磨かなければ朽ちる。
ただ待っておっても役目は素通りする。
本気で名乗りを挙げよ。
本気を出して生きてみよ。
その者が本気を出さなければ
その魂、
光っているのが神からはみえぬ」


というもので。。



正直、、
このメッセージをこのまま書いてよいのか
ずいぶんと迷いました。

あまりに激しい、、
というか
きついお言葉で。。


でも
結局そのまま書かせていただきました。



このカードが出てきたときのリーディングも
ブログに書いてありますが

けっして
激しくせめるものではなかったです。


むしろ
周囲を気遣いすぎて
本来のお役目から
それてしまっていませんか?
というようなケースでした。


確かに
自分のお役を
つらぬくのは
難しい時はあります。

でも
それをやらなければ
死んでも死にきれない
そう思ったら
やっぱり
なにがなんでもやる、、ようですよね。


それが
どんなに小さな歩みでも。

あきらめないで
信じて進む。

しかできない。


世界は変えられません。

変えられるのは
自分自身。


だから
自分が変わることによって

存在する世界が結果として変わる。


そういう経験は
多かれ少なかれ
大なり小なり
みなさんご経験のはず。


実際
自分自身のエネルギーが変わることで
自分が存在する
次元がかわってゆき

昨日と同じ登場人物がいる世界でも
そのエネルギー環境は必ず変化している。

これは自分自身側からみた
変化。


世界を変える

というのは

自分を変えるということ



わたしはそう思っていて

多くの方の
思念が錯綜する
三次元において

重なり合う意識と意識のヴェールの
次元を
精妙に選び取って存在しているのが
わたしたち一人一人の肉体&意識で


一人がかわれば
そのウェーブによって
波及された情報が
全体を変化させるのでもあり


その結果としてあらわれる
が変わってゆく。

それが

全体からみた
変化。


だから

世界を変えたかったら

ほんとうに
足下の一歩を

心の姿勢を

行動を

なにか一つでも
変化させてゆくこと

その積み重ねしかないかな
と思っています。



ちっさな本気ですが

いっつも
本気ですので。。
わたし。


まじめすぎる、といわれようが

それでもいいです。

もう。


後悔したくありませんから。



それから、、
弟橘比売命さまのカードの和歌は

「身も我も
心もすてゝ 
天地(あめつち)の
たつた一つの
まことはかりに」

という
黒住宗忠の和歌を選ばせていただきました。

この歌も
わたしは好きなんですよね。。
実はこの歌いくつかバージョンがあります。
たぶん以前のブログで書いたような気がしますが。。



今日の御参りは
ものすごく気持ちがよかったです。

その時のことは
また
今度
続きを読む
posted by 明日処 at 22:02| 神代の言の葉カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

講座再開のお問い合わせありがとうございました

こんばんは、深禮です。

すこし前に
講座を再開しますか?というお問い合わせをいただきまして
ありがとうございます。

まだお返事ができていなくて 本当に申し訳ありません。


簡単に言ってしまうと

たぶん 今年は 「講座」という形では

行わないだろう、、と思います。


一対一でリーディングを含めて

基本からお教えするというのはあるかもしれないのですが。。

私の講座というのとは違うかも。。



今まで色々講座をやらせていただき
勉強になったのですが

中級講座を終えてから

少し考えるところがあります。


いままでの いくつかの講座でも

わたしから教わるためにいらしているのに

先生をやりたがる方に何人かであい

これは私に何を学べと言われているのだろう思いました。

この人たちはいったいなんのために
ここにいるんだろう。。と
そしてわたしはこの人達にどう対処しようかな。。と。



いまは 結論からいって

そういう方には途中でも 講座からぬけていただこうと思っています。

場の空気をみだしますし

こちらが真剣に準備していることを
受け取る気がないなら
他にいってご自身で先生をやっていただきたい。
わたしの講座を受け取る気がないのなら
おたがい時間と労力の無駄だからです。



今わたしはあることを教えて頂く立場におりまして

真剣に受け取ろうと

自分なりにはしているつもり。。です。

先生側からみるとどう思われておられるかは

もちろんわからないです。

わたしは今、毎回真剣に場に臨んでいるつもり。。

だから

わたしの生徒さんも
そのつもり だったのかもしれないけれど、、

毎回っていうのはどうなの。。と思うので

もう こういう方はいらないと思っています。



教えるって
けっこう大変です。

わたしも一応10年以上先生をやってきましたので
教えるという技術も意識も磨かせていただきましたし
それなりに努力もしてきました。


あることを知っている、できるということがすなわち
それを教えられるということとはまったく異なります。


教えるということは
教わるということだ
ということも昔からいわれていまして

『神代の言の葉カード』の玉依毘売命(たまよりびめのみこと)
の本文中に、
「世の中に人を育つる心こそ 我をそだつる心なりけれ」という
荒木田守武氏の和歌を引用させていただきました。
これは ほんとうに嫌と言うほど味わわせていただきました。


教えてみないとわからないことなのかもしれませんが

手をたたくときのように

手と手がタイミング良くあわさらないと音はならないもので

禅の公案に 「隻手の音」なんていうのもありますが

でもやっぱり
教える教わるは
たがいの真剣さの噛み合いなんだと思うのです。

それが伝わる場がつくれるのなら

また再開させていただきたいなぁ。。と思っています。

それはいつでも、、です。


おそわるっていうことも

おしえるっていうことも
真剣勝負だと思っています。


この間別件で
いきなり
あることを教えてください、、というメールをいただき
かなり当惑しました。

質問の内容に対して
ちょっとわたしも勘違いはあったのですが



その あることを知るために

私自身が
何年もかけてどれほど真剣な思いで
積み重ねたかということは

やはり 伝わらないだろうし

そういうことについて教えてほしいのであれば

それなりの 配慮というか
尋ね方とでもいうか。。。
なにかしら あるのではなかろうか、、というのは
第一印象としてありました。


なんというか。。


これもかみ合わせの一種かな。。


なので

それをご自身で調べる中で
それがどのような重さをもつものなのか
知って頂いた方がよいのではないかと思って

そのようにお伝えしました、、。



知ろうとする側がどれほど真剣なのか、、によって
こちらも変わってくるわけです。


筋の通し方
礼の尽くし方
色々あります。




今 みなさまにとって
教わるってどんな意識なのだろう。。

わたしなんて
教えて頂けるとなったら
もうその時間 その瞬間 すべて 
そのことに関して根こそぎいただきたいとおもっちゃいますけどね。
貴重なことだから。

一期一会だもの。

次がある
とか そんな気持ちは ありえないでしょ。


わたしには 何の肩書きもありませんから

かなり気楽な感じで聞けるのかな、、とも思うのですが。


わたしの神さまは

かなり怖くて厳しい神さまなので


やるときは きっちり ばっさり行きます。




教えるときは

けっこう厳しいのかも。

口調はやさしいです。

でも

やらないなら

そこまでしか教えないということは

もう

一貫していて

手を取り足をとりみたいなことは

絶対しなさそうです(笑)

むろん
わたしもそんな風におそわったことはないので。



知りたければ 入ってみろ 的な感じで

修得してきましたので

本気なら

その本気をみせて

と、いうことなのかな。。


色々おはなしがあっちにいったり こっちにいったりして

すみません。


講座のお問い合わせはほんとうに嬉しかったので

あらためて

御礼のメールは出させていただきます。


遅くなってしまったので

こちらで

心情や経緯 思ったことなど

つらつらかかせていただきました。


ありがとうございますm(uu)m








posted by 明日処 at 21:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

ヘナでデトックス

こんばんは、深禮です。

毎日暑い日が続いていますね。

7月半ばなので、夕方の風は涼しいですけれど

やはり今年は猛暑なのかな。。



さて、、

今日は久しぶりにヘナでトリートメントしてみました。


今使っているヘナはオーガニックではないのですが

なかなか使い心地がよくて気に入っています。


髪の毛の地肌からは

経皮吸収されて

女性であれば子宮などに

その毒がたまりやすい、、などと言われていますよね。


わたしは昔から

髪を染めるのは

ヘナ&インディゴなのですが

デトックス効果もあることを知ったのはここ数年で。


ヘナを入れた足湯やお風呂も

デトックス効果があってよいと言われていますよね。


お風呂の内側が染まってしまいそうで
ちょっと気になりますが

そのうちやってみたい。。と思っています。


今気に入っている
ヘナはとても新鮮で短時間で染まりやすいのですが
化学物質は入っていません。


でも、、
オーガニックで国産のヘナもあるようなので
そのうち試してみたいなぁ、、
と思います。

実は以前はお店で売っている
オーガニックヘナを使っていたのですが
化学物質が入っていることがわかって一時発売停止に。

でも再開されたので使ってみると
やはり化学物質入りとのことで。。

今のヘナを使うに至っています。

先ほど書きましたが
今はヘナも色々あるのですね。。
国産有機ヘナとか。。

色々ゆっくり調べてみたいです。

髪が元気だと
気持ちがあがるのが
女性の不思議なところ。。


髪は神に通ず、、なんていう
通説もあるくらいだから
大事にしたいな、、と思います。



そして、
最近身にしみて思うのは
身を清めることの大切さ。です。

帰宅すると玄関先で
塩払いするようになったのですが
(以前はしなかった。。)
もっとはやく毎日してればよかったと思います。

以前は気になるときに
お風呂で塩をつかって清めてたり
玄関先では
焼酎(かなりアルコール分の高いモノ)で
清めてたり(のんでませんよ)。
そんな感じだったのですが

気になろうがなるまいが
やったほうが良いですね〜。。


掃除ってほんとうに大事だと思いました。。
シンプルなことが ほんとうに大切なんだ。
と、思う最近です。

今は家にゆっくりしてられないのが
ほんとうに 残念ですが
腰をすえて
掃除したい!と思ってます。

すこしずつしかできないけど。
少しでも進めればよしとしよう。。


毎日 暑いですが

どうぞ お元気で お過ごしください。

posted by 明日処 at 21:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする