2017年07月05日

清め 清めよ

t02200307_0753105013361225481.jpg


こんばんは、深禮(みれい)です。

今日の『神代の言の葉カード』の一枚は

木花之佐久夜比売さま。

添付した歌は

「朝ごとに むかふ鏡の くもりなく
あらまほしきは 心なりけり」
という

『昭憲皇后御集』よりの御歌です。


メッセージは
「心の根まで清め 清めよ。
そなたらの心の不満鬱屈を清め、
手放せ。
そうして美しき世のために心あわせよ。
さもなければそれはいつか爆発しよう。
己の心を清めるは
自ら果たさねばならぬ責任であるぞ。」

(2012年 8月に発刊)


先日 EARTh HEALERとして動く

と書きましたが

いつものように

できることは始めの小さな一歩から。。

ということで。


まずやろうと思っていることは

自分自身をクリアにすること。




一言でいうと
いつものように
手放すと決めること。

ここのところ
たくさんのご指摘の嵐で
心がおれそうになっていました。

それらによって動いた
感情をすべて
ありがとう
とともに
手放すと決めて
そこから動いているのですが。。




今回は意識の限界を超えるような衝撃の連続だったので

いままでの思考回路ではとても受け止められ切れず

ちょっと

違ったありようになることを
選択しました。


いままでの自分は

みずから 意識の大海にほどけて消えることを望んだので

そのまま

ゆっくりとほどけていっているところです。


まだ完全に消えてはいないけど

もう消えてしまうかも。



これっていつもとはちょっと違った形の脱皮なのかしら。



つねに
磨かれた鏡のように
澄んだエネルギーでいたいと思っています


そのことは
必ず
地球の波動を高めることに
つながるから。


つねにどんなときでも
というのが
むずかしい

でも
やろうと決めればかならずその方向に進めるはず。



そう思って
自分自身をつかって実験中です



続きを読む
posted by 明日処 at 21:33| 神代の言の葉カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする