2017年07月19日

徒然なるままのたわごと〜稲荷神〜

こんばんは、深禮です。

いつもですと

きちんと 論文を参照して

原典をご紹介して・・・、という形で
文章を書いてゆくのですが

今日はおもいきって

ただおもいつくままに

すなわち、かなり無責任ではありますが
私見で書いてゆこうかな、、と思います。


稲荷神のこと。です。



稲荷という神の性格はとても複雑です。

すくなくとも現代では。

たとえば仏教系とか神道系とか。

そんなおおざっぱな分け方もありますし。


わたしが見るところでも

おおよそ

稲魂系とか

あとは祖霊系というか荒神系というか
自然霊との入口。というか代表とかいうか、
そういう稲荷神もあります。


稲荷神
すごい神さまではありますが
あまりお近づきの感じではありません。
個人的には。


ほんとうに個人的体験からすると
土地神さまの代表として
稲荷神 の祠が
その受付を担ってくださっている例はたくさんあって。

以前その土地神系の稲荷さまには
とても素敵なプレゼントをいただきました。

手術後おもうように歩けないときに
お花見したいなぁ〜と思っていたら

わたしの顎をふいと空にむけてくださって
見ればそこに
桜。

高い高い枝の上に
花が満開でうつくしかったな。。

いつもご挨拶している小さな祠の稲荷さまからのプレゼントでした。


古事記だったかな。。

どなたか天皇が亡くなられたときに

山 海 川に幣帛をささげたという記述があったような。

ようするに

祖霊、ですよね。

祖霊という言い方は
語弊があるのかな。



柳田国男が『先祖の話』で述べているような
冬は山に籠もり
春になると里におりてくる
祖霊。
ですね。


ようするに
人の御魂はほどけて原形質になる
その集合体である霊でありチであるような
神霊。ですか。。



先日 走水神社さまに御参りさせていただきまして

そこに

神社創建以前の古い神さまの祭場跡があります。

古代稲荷社跡という説明書きがあるのですが

そこでご挨拶したとき

ほんとうに素晴らしかったんです
ご神気が。

わたしの大好きな

荒神さま系の

あらあらしくつよくて
自然そのものの。
神さま。

荒神さまって
怖いですよね。

たたる神さまですから。

でも

わたしは個人的には好きなのです。

自分もけっこう荒々しいので



ただ古い立石が中心にありその両脇にも小さな石があります。

そこで祈る。

意識をあわせた瞬間に

ただ圧倒的なありがたさにつつまれて
地にひれふすことしかできない。

わたしの場合
あまりにありがたい、、と思うと
もう泣くしかできないんですが
そうなりました。

すこし落ち着いて
そこにいると
天から木々から
地霊の響きがつたわってくる。

こころが震える空間でした。



あのすばらしい感じは
奄美でも感じた感覚でもあり

出雲の原初信仰の場である
某祠でも感じた感覚。

恐れ多く
強く

そして
かぎりなく
やさしい。

もちろん
恐ろしい。


でも
だいすき。。な神さまの系譜です。


日本という国の形は
まるで龍のようですが

この荒神さま系の神さま

一つの祀られ方は
龍蛇神として祭られる系譜があり

それは
奥出雲であり

はたまた
諏訪の神さまでもあり。

諏訪の神さまといっても
タケミナカタの神さま以前の神さまですが。。


無から有
その際を掌る神さま。


柱をつたわって降臨する龍蛇神。


依り代である柱はファロスでもあるのかも。

だから

女性しか祭祀できない
龍蛇神 雷神の例もあったと記憶しているのですが。

詳細はきちんと書かないと、、ですよね。
今は 触れるだけでお許しを。




そして一方では
稲荷神

同じように自然霊荒ぶる神でありながら
大地母神であり
大地 母であり
暗黒であり
無から有である神。


そう。
そこ人は祈りをささげて
無から有へと変換させる。

無限である命の源への通路。

依り代?あるいは祀りの場である
その裂け目はヴァギナでもある。

穴守稲荷だけでなく
稲荷神に穴はつきもの ですから。。

そこは
ここと彼方をつなぐ
つなぎ目 
異界との通路 裂け目・・・。

大いなる大地の神。
母神。



だから
龍蛇神と稲荷的神は
かもしれず。。。


それは火と水の対なのかも。




今日はかなりいいかげんに書いてしまって申し訳ありません。

でも、、、

そのうち
論文を確認しながら
書いてみたい一つのテーマ
ということで
お許しくださいませ。


ほんとうに
全国の色々なお社に御参りして
確かめたいことが山ほどあります。。

いつになるかわからないけど。。




今日から
土用。

季節の変わり目。
身体のなかから
色々なものが吹き出る季節かも。


お元気でお過ごしくださいませ〜
posted by 明日処 at 21:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする