2016年05月21日

5月の生魂之会は太平山神社さまにて

太平山神社4.jpg

こんばんは。
神道研究家、言の葉セラピストの川合深禮です。
ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。



さて、本日は栃木市に鎮座されます
太平山神社さまに
生魂之会で正式参拝をさせて頂いて参りました。


晴天にめぐまれ
すがすがしい空気の中
御参りできましたことを
ありがたく思いました。

こちらのご祭神は
瓊瓊杵命、天照大御神、豊受姫大神の
三柱の大神さまたちです。
第53代淳和天皇の御代に、
天下太平を祈る社を造営せよ、との詔によって
太平山神社と呼び習わされるようになったようです。

神社の歴史はふるく、
第11代垂仁天皇の時代までさかのぼるとのこと。

昔は三光神社とも呼び習わされていたとのことで、
日、月、星への信仰もありました。

淳和天皇の詔によって
天下太平を祈るお社とされたことから
氏子はもたないお社として今日まで
日本全国からの崇敬者の方々から
厚い信仰を集めているお社です。
年間90万人以上のご参拝客がお集まりになるそうです。


また、お祭りが多い神社さまであるとのことで

年間89ものお祭りが行われるのだそうです。

一般に周知されているお祭りより
もっと細々したお祭りが
日々連綿と続けられています。

特筆すべきは
例大祭には一年間、毎月の月参りをされた方しか
参列できない、という決まり事があり
それでも参列される方は数百人とも。。。



またお社も多数ありまして
以前は80余社あったそうですが
現在は20社あまりであります。

中には
大変穢れを忌む神さまもおられると伺いました。
以前は7日の潔斎をしなければ
ご神前に参らないほどの
ご神気です。
今現在は
普通に御参りさせていただけるようになっておりますが
何年か前までは、普通には御参りできなかったとか・・・。

わたし個人として考えておりましたのは
ご神気があまりにすばらしいので
穢れをもちこまないようにしなければということでした。
(善と悪とをはっきりと見定めになられる神さまだそうです。)


ですので
今回本当にそちらに御参りさせていただいてよいものか
悩んだのですが
自分なりに整えつつ
正式参拝後、
御参りをさせていただきました。


太平山神社3.jpg




太平山神社5.jpg太平山神社1.jpg

正式参拝後、
宮司様よりたくさんの貴重なお話を頂戴いたしました。
くわしくは書くことはできないのですけれども
とても感動しました。

お忙しい中
本当にありがとうございました。

心より御礼を申し上げます。


帰る道すがら
ずっと自然と
「ありがとうございます」という言葉が
何度もわき起こりまして

あのご神気にふさわしい身となれるよう
精進したい、と思いました。

この機会をいただきましたのも
生魂之会としてご一緒にご参拝くださる皆様のおかげです。


本日もよき御参りとなりました。

ありがとうございますm(uu)m
posted by 明日処 at 21:12| 生魂之会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする