2017年03月30日

新しい名前 カムナ

0d77aea431552edb07cbf87818405d07_s.jpg

どこからどう書けばよいかわからないのですが。。
新しく名前を授けていただきました。
「カムナ」という名前です。

カ  幽玄・奥深さ・・・神・風・隠れる
 ム  内なる発酵・・・・無・蒸す・ムスヒ
  ナ  調和・・・・・・・和やか・仲間・凪ぐ


カム・・・神


「天地の神さまの お力を分けて頂いて 人々の 魂を 和やかにつなぎ合わせていく。」という 意味の

名前なのだそうです。
今読み返すとなんだかとてもとてもありがたくて。。言葉にならないのです。。。

先日天香久山に参りました時にも、「己の力をかくすな」

というお言葉を泣澤女さまのところでいただきました。


その後色々ありまして、翌日また或るお社に御参りし、

そのときあることを神さまに宣言(??)しました。

すると、帰ってからしばらく身体がに力が入らなくてなかなか動けなくなりました。

動けるようになって気がつくと、丹田のエネルギーがいままでになく充実していることに気がつきました。一時的なものかもしれない、、と思ったのですが・・・。

するとそのタイミングで、この名前を授かったのです。



授かった後は身体の奥からエネルギーが頭頂に向かって吹き上がる感がありました。もしかしたら、一時的なのかもしれませんけれど。。



どういうことで名前を授かったか、、というか、


私の中の存在について、もう少し書かなければならないこともあるのですが、


今はここまでしか書くことができません。


今月がちょうど気学でいうところの発展の月で、

今日もまた自分にとっては良い日なので、授かった名前について少しご紹介させていただきました。

またブログなりにまとめたいと思っています。

あたらしい名前をどうぞよろしくお願いいたします。



posted by 明日処 at 21:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする