2017年05月09日

式年大祭にて

DSCN4031.JPG

こんばんは、深禮です。

昨日はお山の神社で12年に一度の
式年大祭が齋行されました。

お天気にも恵まれつつがなく
お祭りが行われました。

DSCN4032.JPG

もともと山伏の峯入りということもあってか
法螺貝を吹いて供奉される山伏の方達がいらっしゃいます。

また
鎧武者の姿で供奉される方々もいらっしゃいます。

DSCN4037.JPG

今年の御神輿は普段は宝物殿に展示されている
青梅市指定文化財の御神輿をつかっています。
(綱吉公の時代のものだそうです)

いつもの倍以上重いのだとか。
12年に一度だけ使われる御神輿です。

DSCN4039.JPG

重そうに階段を上ります。

階段は300段以上あります。

そこまでの道のりも
ずっと昇り坂なので

何時間もかかって神社に到着します。


御社殿の回りを3回御神輿が廻って
それから拝殿にて
祭典が始まります。


神社は一年に3回大祭が行われますが
5月の大祭が最重儀です。

大変ありがたいことに
そのお祭りで
浦安の舞でご奉仕をさせていただく機会を
賜りました。


DSCN4044.JPG

今回は初めて本装束で舞うということで

事前に本装束での舞い方を教えていただいたのですが
それは、、
お祭りの前日と前々日のあわせて3時間程度。

本番に きちんと舞えるだろうか、、と、
今一つ自信がもてなかったのですが
お陰様で無事にご奉仕させていただくことができました。



DSCN4048.JPG

写真は家人が撮ってくれました。

DSCN4047.JPG



DSCN4056.JPG


12年に一度のお祭りにご奉仕をさせていただく、、
ということで
本当に緊張しました。


事前に何度も自主練のスタジオ練習を重ねましたが
なかなかタイミングに納得できず。。


また、扇は檜扇よりも要のところが厚く
重さもあります。

練習では高価なものですから触ることもできず
当日の控え室で握らせていただいて
感覚を覚えました。


何とか無事に終えられていまは本当にほっとしています。


何よりも
この機会を頂いたということがありがたくて

いつもにもまして

宮司さまや
舞の先生をはじめ
神主の皆様方、
そして
励ましてくださるお山の皆様方に
本当に心から感謝しています。


まだまだ未熟な舞で、、、
ほんとうに目指すところの形にはなっておりませんが

これからも精進を重ねて参りたいと思っております。



ありがとうございます。



posted by 明日処 at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする