2017年05月12日

己を捧げるということ

こんばんは 深禮です。

先日のブログに畠山重忠公の鎧が神社に奉納されて
それが現在国宝になっている、ということを
ご紹介させていただきました。

他にも色々な奉納品があります。

それはこちらの神社に限ることではなく
各地の神社に 色々な人たちから
ご奉納の品というのが納められているのはご存じだろうと思います。


神社やお寺に金品を奉納するという行為は昔からあったわけですが
先人達ははたして御利益を期待してそのような行いをしたのでしょうか。

もちろん 崇敬するということは加護を願うという意味愛もあったと思います。

ただ、、思うのは先人達は知っていたのではないかと思うのですね。

見えない世界へ 自分にとって大切なものを差し出すという意味を。


それはただ御利益を願うという単純な行為ではなかったように思います。

見えない世界に

自分の大切なものや労力を無償でささげるということが

60747733b9310319351c3db84e57acfb_s.jpg

さざ波のように 伝わって 伝わって そして また自分に返ってくる
というしくみを知ったいたのではないか
と、思うのです。


喜捨という言葉があります。
仏教用語なので、わたしが正確につかめているかどうかわかりませんが

金品を喜んで差し出すということで
それによって徳をつむ、、という行いなのかなと思います。
自分を純粋に捧げきるという行為は
実は 自分にいままで偏って滞っていたものを
スムーズに流すための行いでもあるのです。



スピリチュアル的(わたしはこういう表現が嫌いなのですけれど)見方からすると
まず空(くう)をつくらなければ エネルギーは入ってこない
という風にいいますよね。

エネルギーは循環します。

差し出したものが
帰ってくるのが理屈です。

純粋な見返りを求めない行為、エネルギーというのは
今までの自分のエネルギーを浄化しつつ
さらにそれが高まって帰ってくるという流れをつくるのではないかと
わたしは 思います。


たとえば わたしの場合ですと
できるだけ そういう気持ちで
少しではあっても 捧げるということをしています。

また 神社関係の施設が修復や造営の資金が必要であったり
土木工事などが必要であったら
いくらかでもその費用を負担させていただきたいと思います。

これは そういった喜捨の気持ちから
というのもあるのですが
もう一つ理由があります。


b08337aeb3967d11c6a957b73efa1835_s.jpg
神社やお寺というのは
土地の龍脈上に立っているということがよく言われます。

先人達は この場所がよい、ということを
感覚的にしっていたからこそ
その地を聖地として整え
祈りを捧げることで
その地を整え 守ってきたわけです。


もちろん自然の気がよい場所ですから
ととのえなくても 聖地として生きるかもしれません。

でも、、
そういう気は時に強すぎることもありますし
気が整わなくなることもあるわけで

そこを
長らく 祈りの力で整えてゆく という行いはとても深い意味があると思うのです。


もともとの気だけでなく

後から 連綿として続けられた祈りの力もまた
場をつくってゆくのです。

もしその地が整えられなくなったら
どうなるのか

祈れる人もいるかもしれませんが
祈れなくなる人もいるでしょう

誰もが
祈れる場である ということは
そこを守ってくださる人たちのお力もあるわけです。


だから わたしは
神社やお寺にいったとき
その地を守って頂けることに感謝をしながら
少しでもいいから 差し出すことを心がけています。


残念なことに
最近はパワースポットなどという表現が流行り、
場所の気をただただ奪い取ろう むさぼろう という人が増えました。
とても残念なことです。


むさぼる気持ちや すさんだ気持ちを聖地においてくるという行いは
結果としてその人に帰ってくるでしょう。

むさぼりやすさんだ気持ちは
いわゆる 穢れにあたると思います。

その穢れが積み重なって
その場のエネルギーを枯渇させるという
状況も招いていることを
無視するわけにいきません。


もし本当に自分の霊性を高め
またこの地 この国の霊性を高めたいというお気持ちがあるのなら

どうぞ
ご自分を純粋にささげる というお気持ちをもって
聖地に詣でていただきたいのです。

決して高所から申し上げるわけではなく

一人でも多くの方が
そのような自覚をもって
ご自分自身が聖地を守るというお心をもっていただけたら

きっと
現実の世界もすこしづつ変わってゆくのではないかしらと思うがゆえなのです。


誰もが変化を起こせますし

現実を変えてゆく力があります。

そのお力をどうぞ発揮していただきたいと思います。




posted by 明日処 at 22:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする