2017年06月15日

タオ

こんばんは深禮です。

今日はとても素晴らしい勉強会に参加できました。

舞のお稽古で知り合った方が講師をされていたのですが、

修行をつんだ武術家の方から見た

身体と陰陽五行のお話ですとか

気の偏差のお話とか。。

ものすごくためになりました。

それだけでなく、、

その後

今度は東洋思想の専門の方から

どうしてもわからなかった

金気について

お伺いさせていただいて

ほんとうに嬉しかったです。


金気というのが基本的にはどういう気なのか

よくわからなかったのですが

理解できました。

あと半分お伺いしたいところがあって

今度またお伺いさせていただけるとおっしゃっていただけて

ものすごく嬉しかったです。
ありがとうございましたm(uu)m



今色々な面でちょっときついので
そういうご親切に触れますと
ありがたさもひとしお強く感じます。。


身体について学ぶということが必要だという感覚があって

それと陰陽五行のつながりというか

身体という自然と

自然のリズムのつながりを

もっと理解して


自然のリズムで生きて行けるようにならないと

という内的な促しがあります。




いままでは、

陰陽五行のバランスの感覚はとばしてしまって

もっと感覚的に捉えてきた感がありますが、、

もっと点を刻んで、一つ一つを感じながら

それを踏まえて進んでゆきたいといいますか。。



天然の

ありのままの器である身体で生きたい

と思っています。

天地自然の気の巡りと共鳴する

今 ある身体を感じ

その身体の内にある意識 心 を感じ

命の源

魂の根源と

素直につながっている状態

そうでありたい。


そこへと

道は促しているのを感じるのですが、、

でも、、

先に進むのが

怖くもあります。


個我が剥がれ落ち

大いなる大海に溶け込んで

今まで自分だと思っていた意識が

ほどけてゆく感覚が押し寄せる時があります。

その感覚が怖いといいますか。。

最近は無感覚にもなり、あきらめてもいますが、、

その感覚を強く味わうときは

怖さでいたたまれなくなります。

怖いなどと言っているる場合ではない

先に進むしかできないと

わかってはいるのですが、

躊躇する。。

これも慣れてゆけば

その内踏み越えているものなのでしょうか。


とにかく

理論的な支柱が必要だと思います。


手がかりはまだないけれど

陰陽五行を少しでも

勉強してゆければな。。

と、思っています。


今日は本当に素敵な会でした。

ご紹介くださいまして

ありがとうございました。


お食事会も本当に行きたかったなぁ。。


残念。。。
posted by 明日処 at 22:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする