2017年07月30日

いつも一緒だと思えるように

こんばんは、深禮です。

今日は久しぶりにゆっくちぼーっとできる時間をいただいたので

CDを聴いていました。

以前にご紹介した チベット仏教の僧、尼僧の
僧院でのマントラチャンティングのCDなのですが

聴いていると
心がぱーーんと広く空にむかって開ける感じで。

蒼穹の宙(そら)。
藍色の世界と星々。

それに抱かれる感覚。

なんだか ものすごく深い安心感があります。


以前一度そういう安心感を感じたことがあり

それはお山の神社の大祭に参列させていただいた時でした。

その後すぐ 手術を控えていて

なぜか微熱がさがらず
身体に力がはいらないまま
参列させていただいた例祭。
家人が連れて行ってくれました。

検査の結果しだいでは
さらなる治療を要するかも、、と言われて
(まあ 半分おどかしのようなものだったのかもしれないのですが)

今後どうなるのだろう。。と思いつつの
参列でした。

お祭りが終わって地元の駅についたとき

サーモンピンクの夕暮れの光の中で

大丈夫だ たとえどんなことになっても
大丈夫なんだ
よくわからないけど 
なんだかわからないけど
大丈夫なんだ

理屈ぬきで そう感じました。


ただ とても大きな何かに包まれているような
そんな心持ちになりました。

その手前で医師からは
この病気はわからないことが多いので
スイッチが入ったら僕は川合さんを助けられません
手術を受けないのなら ホスピスに行ってください
と言われていたので

ほんとうに びくびくだったんですが(苦笑)

その気持ちを大きくひっくり返すぐらいの
気持ちになりました。


その後のわたしの目標は
つねにその時のような心持ちでいられる ということ。

なにがあっても どうなっても 大丈夫だと

いつも神さまと一つだから、と感じられるような心持ち。

そういう、
どんなときでも つねに神さまと一緒に居られるような心持ちをつくる

ということが 自分の目標になりました。


まだまだなんですが

すこしは近づいているのだろうか。。


命にしがみつくのをやめられたら

個にしがみつくのをやめられたら


もうすこし 進める気もします。


もっと精進だな。。
posted by 明日処 at 20:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする