2017年08月19日

ご縁 つづけること

こんばんは、深禮です。

今日はまた かわはくに参りまして

「秩父地方に展開するお犬様信仰」という講演を

拝聴してまいりました。


講師の先生いわく

お犬様信仰は全国にあったけれども

この秩父地方にだけ残ったと考えられる 

とのことで。。


色々なお話を90分間びっちりお伺いでき

本当に勉強になりました。



驚くことが多々ありまして、、


驚くことその1が、、

先日お山のご奉仕で 社務所にありました

全国のお犬様の御札を集めた本に関してのこと。

お借りさせていただき、今日も会場に持って行ったのですが

どうやら自費出版の御本か?と思っていたのですけれど、

なんと、、その著者の方におめにかかりました



とても 誠実なお人柄の方で

いただけたご縁を大切にしたいと思いました。


驚きその2は、、

なんと、、

講師の先生が私のことをご存じだったことです。。




質問があって講演後先生にご挨拶をしましたら、、

知ってます
有名な方ですよね

とおっしゃられ、

最初はなぜご存じなのだろう??と思っていたのですが。。

お山の神社に通っている内に

巫女さんになった人がいるらしい ということで。。

最初はそれを伺って

はずかしくて 隠れたくなってしまいました(照)。。

わたしが お山の神さまが大好きで


通ってる内に

とうとう今は巫女さんをやらせていただけるようになった話が

知られているらしい。。

はずかしい、、ではないですか。。


でも、、今落ち着いて思いますことは

これもお陰様で

ありがたいお話だということです。

ただの一主婦のことを

ご存じでいらっしゃるとは、本当に光栄なお話です。

ありがたいことです



そもそも

滝行で通い


そのうちに月次祭に通うようになり

病気の間 お山の神さまの前でいのる内に

神さまにむかう心をお教え頂き

信心の姿勢がふかまって


おかげさまで 病も軽くてすみました。

神御感謝のための浦安の舞を御奉納し

それから さらにお稽古を見て頂けるようになって

舞でのご奉仕をさせていただけるようになり、

さらに、、

巫女もやらせていただけるようになりました。



今 またあらたに もう一つの神社さまにご縁をいただき

そちらの神さまのことも

ほんとうに大好きで

なんと表現したらよいかわからないくらい好きなのですけれど

その神社さまにご縁をいただいたのが

そもそも 神道学の師匠のお仕事を手伝ったから。


でも。。

数年間お目にかかる機会がなかった神道学の師匠と再会したのは

わたしがお山の神さまに 神恩感謝の浦安の舞を御奉納したことを

社報に寄稿させていただいたのを

師匠がご覧になったことがきっかけでした。


師匠と再会しなければ

週刊日本の神社のお仕事はなく

今 ご縁をいただいている神社さまに導かれることも

なかったのかも??しれません。


そして、、

師匠との数年ぶりの再会の場もやはり

お山の神社さま だったのでした。



わたしにとっては

拝殿にあがらせていただける

お山の神社での月次祭は 今でもとても大切な時間です。

苦しかった病の時のことを思い

今このときを感謝する時間。

月に一度 神さまの近くで ご挨拶ができる大切な時間。



苦しい時におたすけいただいたご恩を

大切にしたいと思います。


今日講演会で伺ったのですが、、

毎月赤飯(小豆めし)を炊いて

おいぬ様信仰の某神社にもってゆくということを


40年間続けておられるというご婦人がおられるということです。


もう90代でいらっしゃるのだそうです。


40年にはまだまだかかりますが

わたしも見習わせていただきたいです。


お山の神社さまはもちろんのこと。


お山の神さまがご縁を繋いでくださった神社さまにも

遠くてなかなかいけないのですが

できうるかぎり御参りを続けさせていただきたい。


神さまに向かうその時間が

わたしにとって

ほんとうにかけがえのない 大切な時間なのです。


大事に 大事に 続けてゆきたいと思っています。


今日のご縁もありがとうございましたm(uu)m



posted by 明日処 at 20:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

神になったオオカミ展 みてきました


20785956_873669556141413_4896925615999526726_o.jpg

こんばんは、深禮です。

9月3日まで埼玉県立かわの博物館で
神になったオオカミという
特別展をやっています。

先日行ってきました。

スペースはさほど大きくはないのですが

埼玉県内主に秩父地方に広がる
御眷属信仰についての
展示があり
非常に興味深いです。


わたしが巫女奉仕をたまにやらせていただいている
お山の神社さまの関連の資料もありますし

三峯神社さまの資料もあります。



おいぬ様の御札も
ほんとうにたくさんあります。


先日の巫女奉仕の時に
ずっと捜していた本が社務所にあるのを見つけて
お借りしてきたのですが

そこには関東だけでないお社の
おいぬ様の御札が
たくさん載っていました。



FBのコメントにお答えしました通り

オオカミ(=おいぬ様)は
とても古くから
神と尊ばれてきたのです。


先日西田長男先生の
「稲荷の本縁」も拝読しました。


とても勉強になりました。


稲荷信仰とオオカミ信仰
つながりがあります。


わたしは以前稲荷は稲魂信仰ではないのではないか
と書きましたが

家人にその書き方は誤解を招くよ、と指摘されまして。。


わたしは
稲に限らない、、という意味で
稲魂信仰ではないと述べているのです。


食べ物穀類にかぎらない

ゼニゴケであろうが
毒キノコであろうが

ありとあらゆる命をふゆ ふやす お働きをもった
大地の神
地霊

そんな神への古い祈りを感じるのが
稲荷信仰です。

オオカミも同じ
山ノ神の系譜。

くわしく書きますと
とっても長くなりそうなので
ほんとうに省略形で書きますね。


命は廻ります

春夏秋冬と
絶えたようにみえてまた復活してくる
命の連鎖があります。


山に帰り田に降りてくる循環でもあり
冬枯れから春の芽吹き
夏の命のさかりから
秋の実りに命が姿をかえてゆく流れ

その流れへの祈りであり
源への信仰は

とても古いのではないかと。


そこと
オオカミ信仰はつながってゆくのだろうと思います。


山の神の使い

山の神のあらわれ。


そうした存在。


今日もまた3時に起きて
秩父の神社を2社御参りしてきました。


今も眠くて
ちょっと頭のキレが悪いので
こんな文章でごめんなさい。

御眷属信仰を色々考えています。

またうまくまとまったら
書きますね



posted by 明日処 at 21:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

お盆も終わりですね

こんばんは、深禮です。

今日は10月上旬の気温。。

昨日も今日もこちらは雨でしたね。


昨日はお山で巫女奉仕をさせていただきました。


かなりの雨が降っていて

気温もさほど上がらず

実は今日はちょっと風邪気味なのですが

みなさんは 大丈夫でしょうか。。



東京地方は8月に入って16日間続いて雨だそうで

これは40年ぶりなのだそうですね。

これでは農作物の生育が気になります。

実は、、

お山のフトマニのご神事(1月3日に毎年行われます)で

その年の農作物の吉凶を占うのですが、

今年の卦はすべての農作物のできが

あまりによろしくない卦で出ていて

内心 大きな災害が起こらなければよいけれど、、

と 心配しておりました。

でも、、

この天候では

本当に 作物の出来が心配です。


作物だけでなくて

政治的な諸々もきになり、、


いったい 何の身分もない自分に

色々な諸々が

少しでもよい方向に向かうために何ができるのだろうか

と 思い憂いていたとき



わたしはわたしの分をしっかり丁寧に行うことしかできない

他のものになろうとすることは

さらなる 混乱や ねじれを生む

だから

己の目の前にあることを
一つ一つ丁寧にやるしかないんだ、、

というような言葉が

ふっと頭の中に入ってきました。

(正確には忘れてしまったのですが)


己のなすべきことをなす。

そこにつきるのですよね。


今日でご先祖さまも

もとの世界にお帰りになります。


ご安心いただけるように

しっかり生きてゆきたいと思います。


posted by 明日処 at 21:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

ほっと一息 です。

こんばんは、深禮です。

ここのところ 睡眠時間が3時間くらいで 早起きをして

お山の神社に通っていたのですが

今日で一区切りつきました。

ほっと一息です。



先日 10年ぶりか??というくらい 久しぶりにカラオケに行きました。

その時歌おうとして 

メロディーを忘れてしまった曲を 見つけたので

聴きながら ほっとしているところです。

元ちとせさんの「精霊」という歌なのですが

この裏声混じりの歌声は奄美の島唄特有の響きで

聴いていると 島の空気を思い出します。

歌詞はこんな感じです。


「精霊」

ハイヌミカゼ.jpg

作詞:HUSSY_R    作曲:間宮工

人はいくつの嘘をついて
大切なことを忘れ去るのだろう

雨音に、ざわめく木々に
精霊たちは今も宿るのに

離れて暮らすひと
還らぬ遠い人

涙が溢れる夜は
泣いて泣いてしまおう
あなたの命は繰りかえし
そして生かされてる…

伝説の不思議な獣も
湿った土で息を潜めてる

小さな願いとか
誰かを想うこと

見えないものでも きっと
お伽噺じゃない
わたしの体は八百万(ヤオヨロズ)の
気配 感じている…

すべての命は繰りかえし
そして生かされてる…


You TubeのURLはこちらです。


今日で週末のお休みに入りますね。

ちょっとまったりとしたお気持ちになれるのではないかしら

などと思います。

もしよろしければ きいてみてください

10周年記念ライブの動画です。


元ちとせさんですが

出産直後 声があまり出なくなってしまっていたのですけれど

このYou Tube を聴くと 

「冬のハイヌミカゼ」の頃の歌声に少し戻りつつあるのかも

という評価の方もおられるようで。。


わたしも

「冬のハイヌミカゼ」がとても好きです。

あの頃の歌声を

もう一度聴きたいな。。

でも このYOu Tubeの響きもよいです。


posted by 明日処 at 22:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お山の月次祭と舞のお稽古

20663769_870715283103507_4141535969956326990_n.jpg

おはようございます、深禮です。


先日お山の神社の月次祭に参列させていただきました。

上の写真は境内に咲くレンゲショウマ(蓮華升麻)です。
これから御岳山の群生地で見頃を迎えます。


この日は、前日の台風の接近にともなって
電車は動かなくなっていたので

どうなることか、、と思ったのですが

きちんと山頂の神社までたどり着き
無事参列がかないました。
ありがたいことでした。

毎月こうして神さまにご挨拶できることは
自分家族含めての健康と平穏無事のおかげさま。
その感謝と
これからまた次の月次祭まで
精一杯がんばりますのご挨拶。

この参列を毎回楽しみにしていて
自分の区切りにしています。


そしてその後浦安の舞のお稽古でした。
台風のために中止のご連絡を受けていたのですが
わたしがたどり着けたため
急遽見て頂けることになりました。

他の巫女さんたちはみなさまほぼ
お山にお住まいの女の子達。

若いみなさんに混じって
一生懸命お稽古しました。
ありがたい。


翌日もお稽古で
その日は朝から。


5月の大祭のとき本装束で舞わせていただきましたが
裳さばきを前日と前々日の計3時間たらずで教わって
そのまま本番という。。

なんとも恐ろしい流れで
本番を迎え
なんとか無事舞えたのですが


この日
ようやくゆっくり丁寧に裳さばきを教えていただけることになり
もう一人の方とともに
真剣におそわりました。


質問もできて善かったです。


今度の舞のご奉仕は
本装束の予定だったのですが
また千早の略装に。。

しかし、、
また一つ高いハードルを課されました。

毎回ほんとうに
試練が課されるので
今回もがんばらないと。。。

今回も本装束で舞わせていただけるかな、、と
期待していたので少し残念ではありますが
今回の試練も乗り越えないとな。。
またいつか
本装束で舞わせていただけたら善いのですが。。





今年の舞のお稽古は残念ながら
この日でおしまい。

教えて頂いたことは
メモして覚えてゆきませんと。


とにかく
教えて頂けることは
何もかも
受け取りたいので。


しかし
いそがしい。


暑さにまけず がんばります。
posted by 明日処 at 03:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする