2017年07月27日

イナリと秦氏

こんばんは、深禮です。

ひさしぶりに 上からのダウンロードが一気に来ている感が強く
ちょっと一杯になっています。

今日大学の図書館で
「立ち読み」のつもりで手に取った
『秦氏の研究』。
前々から読まなきゃな、、とは思っていたものの
寄り道しすぎだろうと思って読まずに来ていたのですが。

最近ちょっとイナリ神とはなんなのか、
すごく気になってきて。

以前、ずーっと以前に
アヌビス神とのかかわりについて
有る方から教えて頂いてはいたのだけれど。

うーーん。それはちょっと論文的には書けない、、と
思っていたんですよね。


ただ、、
今よくイメージされるような
現世信仰万歳的なおいなりさん、というのは
かなり時代が降ったところでのイメージにすぎないわけで。


ではもともとのイナリ神とはなにか、
ということが かなり気になっているんですよね。


すると某所で
山城国風土記逸文にあるいなり神についての記述は
秦氏がの信仰がかかわっている、というお話を小耳にはさみ、、
いなりについての信仰は
秦氏が持ち込んだもの、、ということなのかな、と。

ならば
秦氏を知らなくては、、
と思った次第で。


イナリについてわたしが感じているものと
秦氏の信仰とどうからむんだろう、、と
興味津々で読んでました。

一言で言えば
白の信仰なんだね。

再生 白 しら の信仰。


確かにわたしが感じる者と
ちょっと近い。

あとは自分の感覚を整理しないと
うまくかみ合わないだろうな。。

で、、
さっきfacebookに【自分の頭を整理するためのメモ】として
書いた文章をちょこっと載せてみます。

なんか 今日はすごく頭がつかれたので
このメモでおしまい、、です。
中途半端でごめんなさい。


【頭を整理するためのメモです】
稲荷についてずっと最近考えているのですけれど、ヒントを頂いたのはある会にて。。稲荷神が今あるような現世御利益信仰でなかったのは勿論あたりまえですが、それではもともとの形は何か、ということ。祈っているとそのあたり直感的にこうかなと思えてくる部分があります。それを誰か書いてないかな、と思ってみている。
山城国風土記逸文にある稲荷の逸話。これは秦氏がからんでいるわけで。
伏見稲荷のあるお山ですが、秦氏がくる前の時代の古墳があったそうで、やはりな、、という感じ。秦氏が来る前から信仰対象の場という可能性が高い。
秦氏が持ち込んだ信仰は白鳥信仰だとは伺っていましたが、白鳥 白 シラ 稲績(シラ)なんでしょうかね。。稲荷=稲なりとか、稲を背負う老人の姿ととらえるのははるか後の信仰。今の現世利益的信仰はさらに後の江戸期にできたイメージ。稲荷行者とかね。
たぶん、鳥取の白兎神社のようなもので、(白兎神社自体はあたらしいけれど、そこは古墳の地で、さらに集落と集落の境界線にある)つまり再生への信仰。秦氏の信仰はどうやらそのあたりのようです。(それは、今日読んだ本によればということで。。600頁越えの本2冊なのでまだ、斜め読みです。)
ただ私がしりたいのは秦氏の信仰以前にどんな信仰だったのか、、ということ。原初のイナリ信仰とは何か。。ってことが知りたい眼目ですが、でもまだ白 の概念 再生への信仰のほうが、今あるおいなりさん信仰のイメージよりは私の中にあるものにずっと近い。もともとの信仰が似ている何かがあったかあ秦氏が自分たちの信仰を乗っけたのではなかろうか、、と思うんだけど、はたしてもともとの信仰があったのかなかったのか。。知りたい。

いうまでもなく、おいなりさん=狐ではありませんからね、もちろんあたりまえだけど。

阿須波神も同系列ということになるのだろうか。。これはちょっと飛びすぎか。。
生まれる際の力が出現したら、生まれて死んで再生する、という循環が必要になるわけで、そこで陽と陰のセットが必要とされるということなのだろうか。イナリは再生の信仰ならば。
論考にそのままは使えないけれど、豊富な引用資料から使える部分を使わせていただくことは可能、、だろうな。 とりあえず、、稲荷山の古墳の件、あとは、、これはもうトンデモ説になってしまうけれども景教と秦氏のからみもちょっと見てみるかな。。すんごい寄り道だわ。。もちろん書かないけど、知っておいてもよいかな。。その余裕があれば、の話。

posted by 明日処 at 22:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

ただお導きのまにまに

こんばんは、深禮です。

昨日のことのさらに補足ですみません。



自ら、、のケースの場合
たしかに次のステージにすすみずらいこともあるのですが

そういう運命を選んだということにも
意味がある場合もありますし
一概にそれがいけないとも言い切れません。

ですから
一番大事なのは
残った方がご自分自身を責めないことかと思います。

このあたり

ほんとうに大切なことで。。



あらゆることに 意味があるなら

その意味は 今生だけでとらえられないこともあります。。

なぐさめにはならないのかもしれないけれど

表面的に意味はわからなくても 

きっと何か意味はあるのだと思います。

何かと何かが組み合わさっているのだと思うのです。


供養というのは
生きている方にとっても
すごく大切なことですよね。
むしろ その方が大きい場合もあります。

さらに
肉親の供養は
魂に確実にとどくので

その後の進みを
かならず促進してくれます。

ですから ご供養は 亡くなった方にとても力になります。


わたしは門外漢の未熟者なので
たいして深い言葉で書くこともできなくて
申し訳ありません。



研究会のメンバーで
ボランティア活動として
残された方のご相談に乗ったり
自分からいってしまおうと思う方へのご相談に乗ったりしている
僧侶の方がいらっしゃいます。

すごいな、、と思います。


人の苦しみやかなしみに
むきあってきたのは
仏教に歴史があったのでしょうか。。。
やはりそういうご相談が多いようです。

そういう意味で

わたしも 仏教も学ばねばとも思います。


神さまはもちろん 大好き

大好きを越えて

愛しているも越えて

なんと表現して良いかわからないほど

すべて めいっぱいすべて 。。なのです。


ただ
仏様の前に座ったときの
しんとした静けさも
好きです。
底から支えられるような
あたたかい力強さも
好き。


神仏のお導きのままに。

ただただお導きのまにまに

ゆっくりでも
精一杯進んで参りたいです。

     

蛇足ですが、、

わたしはちがうので、、
もしものときは   
祓いのプロにちゃんとお願いしましょうね
posted by 明日処 at 21:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もしもの時は プロにたのんでね

こんにちは、深禮です。

昨日のブログを読んでいて

ちょっと補足、、です。

自分に憑依してしまった霊のこと。なんですが

どうやって祓ったのかってこと。



あんまり悲しそうだったので

わたしが一緒にいってあげようか といったところ

いいの?というので

いいよ。と答えて

まあ  連れて行かれそうになったんですけれど
(自己責任でね)

意識がなくなる寸前に
母に怒られるだろうなぁ、私がかってに死んだら。。と思って

(おかあさん ごめんなさい)といったら
離れていきました。

と、いうわけだから
あんまりまねしないでくださいね。


これはわたしの質なので
ほんと まねはなさらないでください。

この霊にあう手前も
同日 多数の方にお会いしていて
そういう一日だったんですが。

(たぶんこれ 以前にも書いている気がしますが
お友達のうちに宿題をしにいった時の話で
友人もそのご近所さんもご一緒の時の経験です。)


それだけでなくて
以前も書いてますけれど
2年に一回くらい
霊団に襲われる日々だったですし

ちいさいことはしょっちゅう。


我が家(実家)はまったく信心がない家でしたから
(初詣でという習慣があることを知ったのは10歳すぎてから という。。。
 私がアホすぎるんだとは思いますが。。恥ずかしいよね)

いつも自力で祓ってました。


どうやってやるの?とか
きかないでください。。

原始的なやり方で
今はそんなやり方でやっていないので。


なんだかちょっと気になってしまって補足しました。

とにかく
霊にお近づきにはならない方がいいので
おなかに力いれて

ちょっと重くなったら塩祓いと酒祓いで。

それと
仏様(仏教の仏のことです)となたでもよいので
お預けしてください。

自力でやろう、とか思わないで
信頼できるプロを知っていたら
その人にお願いしてね。



なんか昼間から変なお話ですみません。



posted by 明日処 at 12:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

つかれた時。

こんばんは、深禮です。

今日はなんとなく 蒸し暑かったですね。

こういう時は 気持ちもどんよりしがちなのかもしれません。

そんなとき

おすすめなのは 清める という行いです。


まず すごく簡単なことなのですが

帰宅したときに玄関先で
足下やぼんのくぼ(首の付け根の後ろ側)とか
両肩とか もろもろ

塩をふりかけます。

それから 玄関から自宅にあがる。ということ。

すごく単純なのですが
できれば毎日やってみてください。

それと、かなりどんよりしていれば
お風呂で塩で身体をあらうこと。

あるいは 塩を湯船にいれてみてください。


それから 

お部屋のお掃除。

どんよりしていると
身体がうごかないでしょうけれど

せめて玄関からリビングまでの通路だけでも。

あるいは玄関だけでもやってみる。
あとはお手洗い。


ちょっと ・・・気になるんです。


たしかにね。

人生いろいろうまくいかなくて

それって 本当はすごくチャンスな時なのだけれど

でも今自分がキープしている自我にとっては
最大の危機なわけで。


そんなとき
自分を消したくなっちゃうことってあると思うんです。

でも。。
やっぱりそれはおすすめしません。

わたしだって そんな時はあります。
おはずかしいけれど正直そんな時もあります。

でもね、、

結局後悔するんですよね。


子供のころ
たぶん 自分で命を絶った方に憑依されたことがあります。

集まっていた警官や消防隊員のビジョンからすると
もしかしたら、、事件??の可能性もあるけれど
でも たぶんね。。

という事がありました。

その人の精神状態、というのを
身をもって体験させていただいて
やっぱり 自分から リタイアすると
つぎのステージに進むのに すごく時間がかかること。

自分を客観的にみられないから
その場にとどまらざるを得ないこと。

人は生きているから
体験するから
自分を変化させることができるけれど
肉体を失うと
それが難しいこと

そういうことを
一気に教えていただきました。

死にそうになったけどね(笑)。


つかれたときはつかれていてもいいと思う。

ちょっと休んで
また歩き出しましょう。

つかれたときは 憑かれたときでもあるから

まず
キレイにしてみませんか?


どうしても つらいなら

世界を愛してしまえばいいよ。

自分ごと。

なにもかも うまくいかない世界ごと

愛してしまう。

ぜんぶ ぶんなげて 愛しちゃうのがいいかもしれません。



一人ではないので。

そのことだけは 忘れないでいてください。


posted by 明日処 at 21:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

考えてもしかたないことは考えない 方がいい。。

こんばんは、深禮です。

今日の夕方は涼しかったですね。

やっぱり 季節はもう 秋へと向かっているのかしら。。

滝にゆきたいゆきたいと思いながら

あっという間に 時間ばかりすぎてゆく。。

滝にはいって 少し気持ちを整えたい感じなのですけれど。


今日はほんのちょっぴり 弱音(?)かな。。


だいぶ前に 「しいたけブログ」さんの

巫女系の人の特徴や龍系の人の特徴という記事をご紹介しましたが

覚えているでしょうか。

わたしはどちらも当てはまるのですが

やっぱり最近巫女系の特徴がどっぷりあてはまるなぁと思います。


巫女系の人って、

自分自身の目的ためにがんばるっていうのが
すごく苦手らしく

誰かのため とか
何かのため とか

そういう目的のためだとがんばれる らしいのですが
本当に最近その傾向大です。

自分は何がしたい?と聞かれても
答えられないですね。。

自分の場合は

「道具」「ツール」として生まれてきた
という意識が強いので

道具が意思を持つということは
なんかおかしい気がするんです。


「川合深禮」っていう人は
ほんとうにただの受付嬢なので。



わたしの器にエネルギーを通したり
私から通して出したり

そんなことをするわけだから

以前 人としての感情はもうあきらめて
   人としての幸せももうあきらめて

神さまだけに向かった方がいいのでしょうか、、と
ある方におたずねしたとき
怒られました。。

でも、、
答えがみつからない。

どうしたら
人としての思いもつなぎながら

よりよい道具を目指せるんだろう。。


・・・なんて思う。。

どっちもやるって
そんなこと できるのかな。。

思いながら
ありのままでありながら

それでも 神さまのお道具であること。



最近 自分の器が おもったより大きい気がして
ちょっと びびっている(笑)部分があります。


考えてもしょうがない。

進むしかないのよね。




posted by 明日処 at 22:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする