2017年07月18日

神代の言の葉カード〜弟橘比売命〜

t02200305_0800110913361238875.jpg

こんばんは、深禮(みれい)です。

今日は少し涼しくて
こちらでは雨もふりまして
いくぶん過ごしやすかったです。


さて、、
今日は弟橘比売命(おとたちなばひめのみこと)さまゆかりの
神社に御参りさせていただきました。

2017-07-18-12-11-48_photo.jpg

倭建命が走水の海に至ったとき
海が大いにあれ
倭建命を無事に海を渡らせたもうために
自ら海神のもとに沈んだといわれる
弟橘比売命。


いつも御参りにゆくお山も
倭建命の伝承があるので
弟橘比売命もお祀りされています。



そして、、
神代の言の葉カードでの
弟橘比売命さまからのメッセージは、、


「魂は磨かなければ朽ちる。
ただ待っておっても役目は素通りする。
本気で名乗りを挙げよ。
本気を出して生きてみよ。
その者が本気を出さなければ
その魂、
光っているのが神からはみえぬ」


というもので。。



正直、、
このメッセージをこのまま書いてよいのか
ずいぶんと迷いました。

あまりに激しい、、
というか
きついお言葉で。。


でも
結局そのまま書かせていただきました。



このカードが出てきたときのリーディングも
ブログに書いてありますが

けっして
激しくせめるものではなかったです。


むしろ
周囲を気遣いすぎて
本来のお役目から
それてしまっていませんか?
というようなケースでした。


確かに
自分のお役を
つらぬくのは
難しい時はあります。

でも
それをやらなければ
死んでも死にきれない
そう思ったら
やっぱり
なにがなんでもやる、、ようですよね。


それが
どんなに小さな歩みでも。

あきらめないで
信じて進む。

しかできない。


世界は変えられません。

変えられるのは
自分自身。


だから
自分が変わることによって

存在する世界が結果として変わる。


そういう経験は
多かれ少なかれ
大なり小なり
みなさんご経験のはず。


実際
自分自身のエネルギーが変わることで
自分が存在する
次元がかわってゆき

昨日と同じ登場人物がいる世界でも
そのエネルギー環境は必ず変化している。

これは自分自身側からみた
変化。


世界を変える

というのは

自分を変えるということ



わたしはそう思っていて

多くの方の
思念が錯綜する
三次元において

重なり合う意識と意識のヴェールの
次元を
精妙に選び取って存在しているのが
わたしたち一人一人の肉体&意識で


一人がかわれば
そのウェーブによって
波及された情報が
全体を変化させるのでもあり


その結果としてあらわれる
が変わってゆく。

それが

全体からみた
変化。


だから

世界を変えたかったら

ほんとうに
足下の一歩を

心の姿勢を

行動を

なにか一つでも
変化させてゆくこと

その積み重ねしかないかな
と思っています。



ちっさな本気ですが

いっつも
本気ですので。。
わたし。


まじめすぎる、といわれようが

それでもいいです。

もう。


後悔したくありませんから。



それから、、
弟橘比売命さまのカードの和歌は

「身も我も
心もすてゝ 
天地(あめつち)の
たつた一つの
まことはかりに」

という
黒住宗忠の和歌を選ばせていただきました。

この歌も
わたしは好きなんですよね。。
実はこの歌いくつかバージョンがあります。
たぶん以前のブログで書いたような気がしますが。。



今日の御参りは
ものすごく気持ちがよかったです。

その時のことは
また
今度
続きを読む
posted by 明日処 at 22:02| 神代の言の葉カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

清め 清めよ

t02200307_0753105013361225481.jpg


こんばんは、深禮(みれい)です。

今日の『神代の言の葉カード』の一枚は

木花之佐久夜比売さま。

添付した歌は

「朝ごとに むかふ鏡の くもりなく
あらまほしきは 心なりけり」
という

『昭憲皇后御集』よりの御歌です。


メッセージは
「心の根まで清め 清めよ。
そなたらの心の不満鬱屈を清め、
手放せ。
そうして美しき世のために心あわせよ。
さもなければそれはいつか爆発しよう。
己の心を清めるは
自ら果たさねばならぬ責任であるぞ。」

(2012年 8月に発刊)


先日 EARTh HEALERとして動く

と書きましたが

いつものように

できることは始めの小さな一歩から。。

ということで。


まずやろうと思っていることは

自分自身をクリアにすること。




一言でいうと
いつものように
手放すと決めること。

ここのところ
たくさんのご指摘の嵐で
心がおれそうになっていました。

それらによって動いた
感情をすべて
ありがとう
とともに
手放すと決めて
そこから動いているのですが。。




今回は意識の限界を超えるような衝撃の連続だったので

いままでの思考回路ではとても受け止められ切れず

ちょっと

違ったありようになることを
選択しました。


いままでの自分は

みずから 意識の大海にほどけて消えることを望んだので

そのまま

ゆっくりとほどけていっているところです。


まだ完全に消えてはいないけど

もう消えてしまうかも。



これっていつもとはちょっと違った形の脱皮なのかしら。



つねに
磨かれた鏡のように
澄んだエネルギーでいたいと思っています


そのことは
必ず
地球の波動を高めることに
つながるから。


つねにどんなときでも
というのが
むずかしい

でも
やろうと決めればかならずその方向に進めるはず。



そう思って
自分自身をつかって実験中です



続きを読む
posted by 明日処 at 21:33| 神代の言の葉カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

神代の言の葉カード 速佐須良比

t02200304_0800110713361238874.jpg

こんばんは、深禮(みれい)です。

今日は祓戸四柱の中の最後の女神である
速佐須良比唐ウまについてのご紹介です。

最初は2012年8月に出版されたカードの
ガイドブックに記載されているメッセージから。。

「祓えば罪穢れは無くなる。
確かに無くなろらうが、行いと言葉への反応は
必ず返る。
行いや言葉が無くなるわけではない。
それは必ず何らかの反応を生む。
だから人は
腹から心まで
まっすぐつながっておらねばならぬ。
よく己を振り返れ。
己が心を振り返れ」

というものでした。

耳が痛いお言葉なのですけれど

勢いに任せた言葉って
よくあります。。


特にまずいのが
メールとかラインとかなどの
書いて送った言葉ですね。


書いてしまったものは
相手のところにずっと残りますから。

言った方、
放った方は忘れるのでしょうが
受け取った方は
簡単には忘れにくい。

話言葉も同じですが
記録が残っているとね。。


後から
なにかまずかったと思ったときには
せめてまずは
お詫びはしたいと自分の場合は
思ってます。

言葉で出したものは
まずは
言葉によってとりけすべきだと
わたしは思っているので。


なんとなく悪いと思っているって
わかるでしょ、、、で
すまないことってありますし。


その後で
誠意をもって接するというか。

それでもわかってもらえなかったときは
仕方がないのかな。。



ほんとうに
気をつけたいものです。


さて、、
次に4月に佐久奈度神社さまに御礼の御参りをしたときに
ブログをご覧になっている方に
メッセージをお預かりさせていただいた言葉です

「終わったことにしがみつかぬこと
終わったら
はじめの心にもどれ
すべて循環する
1つが終わったら
またはじめの心に
もどることぞ」


とのことです。


いつまでも
一つのことにしがみついてしまうことって
あります。

たとえば、、
しがみつくものといえば
過去の恋愛とか???
許せない思いとか??
苦い思い出
悲しい思いの数々、、
といったところでしょうか。。

そういったものは
もういらないと思っているのに
なにかひっかかってしまったりして
自分の進みを妨げてしまう。


でも
済んだことは仕方がありません。

速佐須良比唐ウまにお預けして
先にすすみましょう、
ということでもありますし、、

また

一つの事を成し遂げたからといって
いつまでもそれを反芻して
余韻にひたっていては
その先のレベルに進めない
ということでもありますよね。


とにかく
すべての物事は循環しますから

どんどん
先に進んでしまいましょう!


わたしも
最近大きな一つの階段を
登った感覚です。

今日は節入り。

また
今月もがんばりましょうね〜
posted by 明日処 at 22:43| 神代の言の葉カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

神代の言の葉カード 気吹戸主

t02200305_0800110913361236085.jpg

こんばんは、深禮です。

今日は祓戸四柱の神さまのうち
気吹戸主さまから
お預かりしたメッセージをお伝えしますね。


2012年に発売されたカードの
ガイドブックを書いたときのメッセージは

「自分を偽るのは一番危険である。
人の心の中に神の心あり。
もっとも深い処にある己の心、
神の心と繋がる己の心を偽ってはならぬ。
自らを偽るのは神の心を偽ると異ならず。
まことの心に違う行い、言葉はなかったか、
一日、一日よく振り返り、
己の心をまことの心とあわせよ」

という言葉でした。


それで、、
先月末に佐久奈度神社さまに御礼とご報告の御参りをしたときに
ブログをご覧のみなさまへのお言葉を
お預かりしまして。

それがこちらです。


「急がねばならない。
一人一人が本当に望む世界を思い描いてほしい。
憎悪、怒りがあふれ
それらにもとずいた世界が動いている。
目先のことにとらわれるのではなく
本当にどんな世界に生きたいか
思い描いてほしい」

との言葉でした。


急がねばならない
と、お伝え頂いていたのに
なんと一ヶ月も
わたしのところであたためてしまいました。。

申し訳ありませんm(uu)m


でもね。。
これもタイミングなのかもしれません。


ほんとうに
もう
はじまっていて。

たぶん
今となりに居る人が

明日となりにいるかどうかはわからない
っていう。

極端に言えばそんな
ルールが発動中ですよね。


いえ、、
確かに隣にいるのだけれど

それは昨日までのエネルギーとは
違った人になっているかも。

わたしたちが
自分のエネルギーにあわせて
世界を創造しているということは
もう
おわかりいただいていると思いますし。


だから
思いが重ならない人とは
なかなか会いにくくなるのかもしれませんよね。



気持ちだけうわずっていても
だめだし。

何も行動しなくても
だめだし。


できることからこつこつと。

思い描くことからこつこつと。

世界を創造してゆく。

そういうことですよね。


政治的にも、
自然災害だって、、

心配なことはたくさんあります。

間に合うのだろうかと
思います。

でも、、

その恐れにエネルギーをそそいだら
その世界を強化することになります。

そのエネルギーの何倍ものエネルギーを

どういう世界を作りたいかに
真剣に注ぎ込んでほしい
という
神さまの願い。

できるところから
うけとって、
はじめてゆきたいです。

真剣に

ほんきで。。
posted by 明日処 at 20:31| 神代の言の葉カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

神代の言の葉カード 速開都比

t02200305_0800111013361230868.jpg

こんばんは、深禮です。

今日は佐久奈度神社さまで受け取ったメッセージの
2回目、ということで
速開都比唐ウまです。



カードのガイドブックを書いたときに受け取りましたメッセージは

「たとえどれほど大きな事成し遂げたと思うても
それがまことの心と違うておれば、罪穢れ(つみけがれ)として
飲み込もう。
まことの心とたがうことなく行え。
偽りの心もて作り上げたものは
永くは続かぬ。
はやく本(もと)の心に立ち返るがよい。
本の心とははじめの心
この世つくられた大神さまの心じゃ」

というものでした。。

もう一回書き直すと
なんだか汗が出てきますね。。

本の心より
元の心の方がよかったんじゃないかな。。とか。


さて、、
今回お預かりしたメッセージです。

「今は過渡期である。
色々なもの、
古きもの、必要の無いものは
飲み込まれてゆく
その時
心に痛みがあるかもしれないが
ただ見つめて受け入れるようにするがいい
そのうち
道筋がみえる」

ということばでした。


わたし個人になぞらえましても

今までのものの考え方ですとか

対人との接し方ですとかでは

もう立ちゆかないというか、、

そのことをまざまざと感じます。

ほんとうにそういう時って苦しいですね。


ほんとうは
仲良くしたいのに

できない。。


気持ちがつっかえてしまって
どうにもならない、、
なんてね

ちょうど
神社に御参りしてこの言葉を受け取ったとき
そんな感じでした。。


そのつっかえさせているものを
じっくり見て
もういらないなら手放すしかないんですよね。

元の心って
とっても素直な心だから

その気持ちのままでいられればいいのに。

どうしても許せなかったり
流せなかったり

でも先にすすみたい。


古いシステムにしがみつく
これは
エゴの抵抗ですね



そこをどうしたいのか
自分自身に問うて
手放したいな、、と思います。

素直に〜

でも、心は痛むんだよね。。

それは必至。

それでも先にすすむかどうか、、
なのよね。


実は
私自身には
またぜんぜん違ったメッセージを
頂いていて
それをこの文章を書きながら
今見返してみました。

わたしへくださったメッセージの
キーワードは
自分を受け入れること
素直
でした。


うん。
がんばろう
posted by 明日処 at 21:22| 神代の言の葉カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする