2017年01月11日

生魂之会

onojinja_haiden.jpg

最近お休みをいただいております生魂之会についてなのですが

今色々考えております。


生魂之会は一番最初は

神さまについてよく知っていただくためには
とにかく本物の神社に御参りして
神さまの前で手をあわせるということを
していただくことからはじめなければ
何もお伝えできない、、という思いから始まりました。


ただただ勉強したことをお伝えするだけでは
とても空虚だと思われたのです。



毎月色々なお社で正式参拝をするようになり

だんだんとただご神前でご神威を感じていただく機会
というだけにとどまらなくなりました。


次に思ったのは

神社にお祭りされている神さまへの
日頃の感謝の思いをお伝えすること
神さまのお力が
いよいよますますに高まりますように
お祈りすること

それが会の目的となってきました。


人は様々な御利益をもとめて
神社仏閣に詣でると思いますが


ご利益を求めるというのは
今の生活がまだ成り立っているから。

もしこれが
戦争や災害で
生活の基盤が壊されてしまうような
そんな事態になったら

生きている
ただそれだけでありがたいという状況になります。


生きている
活かされていることが
どれほどにありがたいことか


ただ過ごしていると見落としがちなのですが

その生活をお守りいただいているのが

この地をお守りくださっている
目に見えない存在であるとしたら。。。


まずはその有り難いことに
感謝をお伝えし
神さまのお力が高まりますようにお祈りしたいと思うのです。

そのお陰をもって
此の地も彼の地も
平穏であり

この国が平穏である

と思うわけです。




そんなお気持ちでご一緒に御参りできる方と
生魂之会で御参りをさせていただきたいと思っております。


また、お玉串料につきましても
いつも一定にしたいと思うのです。

参加者が少ないと
お一人の玉串料が増えるのでいままで色々考えてきたのですが

そういうことも
ご了解いただけるかどうか、、など
色々思うところがあります。




ご自身のために祈る方は
ご自身でお祈りにいっていただきまして、
生魂之会では
全体のために祈ることのできる方とともに
祈る会にできたらいいなと思っています。







posted by 明日処 at 21:23| 生魂之会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

諏訪神社さまにて生魂之会

suwajinja_2.jpg

こんばんは、川合深禮です。
ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

本日は生魂之会として
東京都立川市鎮座の諏訪神社さまに
正式参拝をさせていただいてまいりました。


お天気に恵まれまして
むしろ暑いくらいすっきりと晴れ上がりました。

いつもの様に神さまの御稜威の弥栄と
御鎮座の場所の平穏を
謹んで祈らせていただいて参りました。



強い日差しで、風も吹いてはいなかったと思うのですが
なぜかわたしは心地の良い風に吹かれているような感覚を
ずっと感じておりました。

諏訪の大祝さまは風の祝さまでもありますから
風の神さまと関係あるのかなぁ、、と思ったりして。

とにかく心地の良いお社でした。


拝殿に入る前に神主さまが太鼓をたたいていてくださいまして
巫女さんの先導でゆっくり拝殿に近づいて参ります。

その段階でかなり強いご神威を感じておりました。


こちらのお社は以前御参りしましたとき
お賽銭箱の前でお祈りするのと
拝殿に上がらせていただいてお祈りするのと
たぶんだいぶ感じが違うだろうな、、と思ってはいたのですが
まさにそんな感じでした。

suwajinja_3.jpg
摂社に御参り。

suwajinja_1.jpg

話は変わりますが、、

諏訪神社さまに向かう道すがら
会の方が、
私のことを昔からよく知っているような気がする
というお話をされていました。

実は昔からよく色々な方からそのように云われることが多くて、、

たとえば
親戚のおばさんに似ているとか
いとこに似ているとか

中学の時の先生に似ているとか

果ては中学の時に好きだった男の子に似ている、、だとか。。


要するに
”昔から知っている懐かしい、あたたかい気持ちを呼び起こす人”と似ている
とおっしゃっていただくことが多いのです。

そんなお話をしながら神社へ。

そして厳かな雰囲気の中
拝殿へ。

正式参拝も無事終了したそのとき
神主様からまさかの一言が。。

「以前どこかでお目にかかりませんでしたか??」

わたしは来る途中の話を思い出しながら
またいつもの展開だろうか??と思ったのですが



実は私が去年まで住んでいたところの神社さまに
ご奉仕されておられた方だったのでした。。
わたしが國學院大学に通っていることろ
たぶん今から10年近くまえにその神社で奉職されていた御方でした。
私が卒業する頃には神社を移られていたようです。

そういえば、、と思い出されました。

今は諏訪神社さまに御奉職されているとのことでした。

まさかの再会に驚きました。

でもなにかご縁を感じたので
また個人的にも御参りさせていただきたいな、と思いました。


今日も良い御参りができました。

ありがとうございます。

posted by 明日処 at 18:53| 生魂之会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

9月の生魂之会

こんばんは。
神道研究家、言の葉セラピストの川合深禮です。
ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

まだ、予定として
確定していないのですが

今月の生魂之会は
立川鎮座の諏訪神社さまに
正式参拝をさせていただく予定でおります。

御祭神は建御名方神
第52代嵯峨天皇の時代
弘仁2年(811)に今の諏訪の森公園に
諏訪大社から分祀されたのが始まりとされています。
非常に古い、また由緒のはっきりした神社さまです。


『武蔵國風土記』『江戸名所図絵』にも
その名をとどめ多くの方々からの信仰をあつめてきました。

先日御参りをさせていただきましたが
御参りのとき
また良い風が通り
よいおまいりをさせていただきました。


残念ながら写真をとるための道具をすべて
忘れてしまったのですが
とてもここちのよい空気に満ちた
神社さまです。

ご関心のあるかたは
是非お問い合わせくださいませ。






posted by 明日処 at 20:11| 生魂之会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

8月の生魂之会

tanashijinja_3.jpg

こんにちは。
神道研究家、言の葉セラピストの川合深禮です。
ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

昨日から喉が痛くて
今現在ほとんど
声が出なくなってしまいました。

冷房で身体が冷えたのが原因ではないかと思います。
皆様もどうぞお気をつけくださいませ。


さて、本日田無神社さまにて正式参拝をさせていただいて参りました。

都内は午前中激しい雷雨で
先月の秋葉神社さまへの正式参拝を彷彿とさせる
お天気だったのですが

田無の駅で皆さまと集合し
さて神社さまに向かおうと思いましたら
晴れていて、傘の必要もなく。。

そして正式参拝はいつものように
神さまの御稜威の弥栄を
そしてこの地の平穏を謹んでお祈りをさせていただきました。

するととても熱いものが胸の奥からわき起こり
感涙。。。
とても大きなエネルギーを感じました。

会の方で大きな龍を見た方もおられました。
こちらのご祭神はもともと風の神さま、龍神さまなのです。

そして正式参拝が終わり神職の先生方から
神社のご説明をいただきさて帰ろうとおもったところへ
またも激しい雨。。。

聞けばご遷座祭の時にも
これ以上の激しい激しい雨が降ったとかで
ご神威の現れとして
雨が降る、ということがよくあるのだそうです。

少し待合室で待っていますと
5、6分くらいで小ぶりになってきましたので

そろそろ駅に向かおうと
神社さまのの境内写真をとりまして、、
tanasijinja_4.jpg

ピンクのジャケットを着ているのが私ですが
参拝中はきちんと黒ジャケットでしたよ☆

そして、、
境内を出て駅に向かって歩き出しますと

晴れてる

驚きました。。


神さまのご神威をまざまざ感じる
良い参拝をさせていただきました。

ありがとうございました。



また年末の酉の市には
拝殿の奥のご本殿の
見事な彫刻を拝見できるのだそうです。

ご関心の或る方は是非御参りくださいませ。



posted by 明日処 at 19:45| 生魂之会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

田無神社さまの生魂之会のお申し込みにつきまして

tanashi.jpg田無神社由緒_photo.jpg

こんにちは。
神道研究家、言の葉セラピストの川合深禮です。
ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

先日ご案内もう上げました
田無神社さまでの生魂之会ですが

そろそろお申し込みを締め切らせていただきます。
もしご希望の方がいらっしゃいましたら
今日明日中にお申し込みをいただきますようお願い申し上げます。

神社様への名簿にお名前を記載いたします都合がございますため
ご理解いただきますようお願いいたします。


来月再来月の生魂之会の日程は
次の生魂之会にご参加いただきました方々の内で
決めて参ります。

今月無理でも
来月以降ご参会ご希望の方が
もし、
いらっしゃいましたら
お早めにご都合をお知らせいただけましたら
日程にできるだけ反映させていただきます。


よろしくお願いいたします。

次回の神社さまは
まだ未定です。

今回お集まりの方のエネルギーと
お声がけをいただける神社の神さまとの
感覚をあわせまして
決めてゆきますので
少しお時間を頂きます。
そのため日程だけ先に決める形になります。




posted by 明日処 at 17:15| 生魂之会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする