2017年06月20日

命の洗濯

2017-06-20-13-49-49_photo.jpg

こんばんは、深禮です。

今日は すこし遠出して

海までいってきました。


温泉に入って

ゆっくり身体をあたためて。

ゆるゆるとほぐれて

きもちよい〜

温泉なんてひさしぶり、、な気がします。

ねころび湯があって

ほんとうに ねむくなってしまいました。


帰りも

ゆったりかえってきました。

最近
ものすごくいそがしく動き回っていて

ちょっとつかれていたので

ここで 命の洗濯。


ありがとうございます

あしたは 夏至。

でも
東京方面は雨みたいですね〜。


お天気はきにせず

またおでかけしようと思っています。



posted by 明日処 at 20:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木は木であることに疑いをもたない

おはようございます、深禮です。


昨日の記事で書いた

「あるがままだなぁ〜、、。」という感じを
もうちょっとだけ補足してみます。

ほんとうに
言葉通りなのだけれど



木は木であることだけで

そのまま

なので

木は自分の気で満ちていて

ただ

気を満開にして
放出している感じ。


それを
外から
やれ きれいだとか きたないとか
葉っぱがおちてこまるとか

色々批判されようが批評されようが

まったく 関係なく

木は木なのです。

木は木であることに
少しも疑いをもたない

自信というと変なのだけれど


まったく一貫して
自然の命の発露であるがまま。


素直に
まっすぐに
命である 


ただ ただ それだけ。


そして

私自身も

命そのものであることに
うたがいをもたない
ただ あるがまま

そんなふうに
ふたつがつながった時間
だったのだと思います。


どうしても
何かになろうと することって
この社会では多いから

わすれてしまう

はずれてしまう。


細胞の一つ一つが
自然のあるがままでいたいと
震動する感覚を
最近よく感じます。


ただその導きのままに。



今日の太陽への祈り。

きもちがよかった〜。

ありがとうございます。
posted by 明日処 at 09:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

新しい方向に向かってます

こんばんは、深禮です。

今あることを開始して
毎日修行の日々、、という感じなのですが、
このプロジェクト開始を決めたのは昨年中。

本気になったのは今年3月くらいから。

そのころからまだ実際には何も始めてもいないのに
もう、試練の嵐で。

もう今までのわたしはどっかいっちゃいました。

とても耐えきれなくて

蒸発して消えてしまいました。

そして、、
新しいエネルギーの流入がものすごいです。


明後日は確か夏至でしたよね。

それを考えると無理もない流れですね。


わたしはきのう、確実に新しいスタイルというか、、
エネルギーへと移行しました。
、、みたいです。

おかげさまですごく楽になりました。


急にというのではなくて
数日前から
ちょっとづつ、そのエネルギーがわたしと関わりをもとうとしているのは
感じていました。


さきほど試練、、と書きましたが

対人関係で

理不尽な扱いを受けることが

いろいろな機会に

多々あって、

そのことを思うと

感情があらしのように吹き荒れることも。。あったのですが、、

まさにその最中に

「こっち こっち!!」と

肩をツンツンされるような感じで

エネルギーが注意を引いてきていたのです

え???と思ってそちらを見てみると

とてもすがすがしくて 真っ白に光る 光の球みたいなものが

すぐ近くにあって

そこに意識をあわせると

とっても シンプルな気持ちになって すんだ心地になって

穏やかになってくるんです。

なんか 今考えていたことなんて

どうでもよくなってくるというか

すーっと無くなって行くというか。。

そんなことが 何回かあって。

今日は

ぼっとしていたら

やっぱり (むーーっ)と色々思い出していたのですが

その瞬間 目の前にある大きな木が

ちょっとちょっと と呼びかけてきて

え??と見ていたら

ただ、、

(あーー、あるがままだなぁ。。)とぼーっとしてしまいました。

風が心地良くて

木の葉が舞っていて

木の葉を落としているのが

木なのかわたしなのか

境界があいまいになる感じでした。


なんだ、、やっぱり

わたしと世界はわかれてないんだ。。

だったらもうどうでもいいや。。という。。

そんな感情の収まり具合。


なんだか不思議でした。



境界が曖昧になる感覚については以前かきましたが、、

むかし、21日間の不食を行ったとき。

10日目を少し過ぎたあたりでしたでしょうか、

山で朝、滝行に向かうときに

そういう感覚があったなぁ、、というお話を

以前書きましたけれど


その時ほどの一体感ではなかったですが
(一応今は食事をしているので

それにちょっと似ているな、、と。



実は昨日の夜

エネルギーの球が

とっても大きくて きれいなの が

頭の上から降りてきて

身体全身が球のなかに入ってしまったので

たぶん

そのおかげなのかな、、と思っています。



今までは
できるだけすみっこに隠れていよう
自分を隠そうとすることの方が多かったけれど
(あえて わざと出す場合もあるんですが レアケースです)

今日は
もうそれ自体が面倒になって

エネルギーを折りたたむのをやめました。

そしたら

人混みをあるくのも楽で

よかった。。



よくわからないけれど

色々なことのおかげなんだろうかな、、と思っています。


なんか いい感じです。

ありがとうございます。
posted by 明日処 at 21:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

時間は ない

おはようございます、深禮です。

今朝はだいぶ早起きができたので

朝一番にさくっと
祐気を取ってきました。



昨日の勉強会は本当によい機会でした。

数年前から学びたいと思っていたこと

でも教えて頂く機会は

お願いしても

ふさがっていたことを

ようやく 

全く思いも寄らない方向から

教えて頂く事ができました。

ですから

本当にありがたかったです。


こうして教えていただく機会を頂戴して

ますます思うのは、

このことを学びたいと願う気持ちは

私という個我から出たものではなかったのだろう、ということ。

もっと奥の私本体がしりたい 身につけたい

知らなくてはいけない、と思っていることなのだということ。


私自身のために
知るのではなく
本体が役目を果たすために必要なこと。

それを身につけなければならないという
焦りと強い方向性に
促されているのだろう、ということでした。


もちろんまだ入口にも立っていないけれど

とにかく学ぼう。。。

どんな機会からでも

学ばせていただきたい。

どんな小さなことからでも

なにかヒントがあれば

そこから、
繙いてみようと思います。


もう何年も前から

そうやって動いてきたのだから

そのやり方を続けてここまできたのだから

それでいいのだと思います。



とにかく時間がありません。

いそがないと。。


色々なことに手を出しすぎる。。

そんな風に見えるのかもしれません。

でも

悠長なことを言っている時間はないのです。


わたしは

できる限りのことをしないと。


周囲からどんな理解のされ方をされても

わたしは 魂のお役目

はたしたいので

もう それでいいです。


わたしがわたし自身のために動いていると

思われる方はもうそれでいいです。

訂正するための時間などないです。




とにかく

前を向いて進むしかない。


突き動かされるままに。


それが 理解されないのであれば

それでいい。





今日も

身体をつくって

しゃんと生きよう


posted by 明日処 at 08:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

タオ

こんばんは深禮です。

今日はとても素晴らしい勉強会に参加できました。

舞のお稽古で知り合った方が講師をされていたのですが、

修行をつんだ武術家の方から見た

身体と陰陽五行のお話ですとか

気の偏差のお話とか。。

ものすごくためになりました。

それだけでなく、、

その後

今度は東洋思想の専門の方から

どうしてもわからなかった

金気について

お伺いさせていただいて

ほんとうに嬉しかったです。


金気というのが基本的にはどういう気なのか

よくわからなかったのですが

理解できました。

あと半分お伺いしたいところがあって

今度またお伺いさせていただけるとおっしゃっていただけて

ものすごく嬉しかったです。
ありがとうございましたm(uu)m



今色々な面でちょっときついので
そういうご親切に触れますと
ありがたさもひとしお強く感じます。。


身体について学ぶということが必要だという感覚があって

それと陰陽五行のつながりというか

身体という自然と

自然のリズムのつながりを

もっと理解して


自然のリズムで生きて行けるようにならないと

という内的な促しがあります。




いままでは、

陰陽五行のバランスの感覚はとばしてしまって

もっと感覚的に捉えてきた感がありますが、、

もっと点を刻んで、一つ一つを感じながら

それを踏まえて進んでゆきたいといいますか。。



天然の

ありのままの器である身体で生きたい

と思っています。

天地自然の気の巡りと共鳴する

今 ある身体を感じ

その身体の内にある意識 心 を感じ

命の源

魂の根源と

素直につながっている状態

そうでありたい。


そこへと

道は促しているのを感じるのですが、、

でも、、

先に進むのが

怖くもあります。


個我が剥がれ落ち

大いなる大海に溶け込んで

今まで自分だと思っていた意識が

ほどけてゆく感覚が押し寄せる時があります。

その感覚が怖いといいますか。。

最近は無感覚にもなり、あきらめてもいますが、、

その感覚を強く味わうときは

怖さでいたたまれなくなります。

怖いなどと言っているる場合ではない

先に進むしかできないと

わかってはいるのですが、

躊躇する。。

これも慣れてゆけば

その内踏み越えているものなのでしょうか。


とにかく

理論的な支柱が必要だと思います。


手がかりはまだないけれど

陰陽五行を少しでも

勉強してゆければな。。

と、思っています。


今日は本当に素敵な会でした。

ご紹介くださいまして

ありがとうございました。


お食事会も本当に行きたかったなぁ。。


残念。。。
posted by 明日処 at 22:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする