2017年06月14日

月読神社さまのお守り☆ありがとうございます

2017-06-14-22-10-18_deco.jpg

こんばんは、深禮です。

先日、壱岐に行かれた方から

月読神社さまのお守りをいただきました。

金色の鈴守りです。

音がとっってもきれいなのです。

すごく心が癒されます。

すんだ音色なんです。

大切な御参りのお時間の中で
思い出してくださって
お受けくださって
本当にありがたく思っています。

うれしかったです。
ありがとうございましたm(uu)m


壱岐にはずっと行きたいと思っていて

このお守りがあれば

いつか行けるかな。。


そう、願っています。

壱岐の月神については
『日本書紀』に書いてあったなぁ、、と
かすかな記憶が。。


ネットで確認したので書紀を
きちんと見たのではないのですが、、

阿閉臣事代が任那に使わされたときに
壱岐島で月神が人によりていて
お祭りするよう告げたことから
山城国(今の京都)にお社をつくって
月神をお祀りしたという記事をみつけました。

その月神のお社だと
言われている神社さまが
壱岐の月読神社さまらしいです。


月読命は
神宮にも
内宮別宮と外宮別宮があって
それぞれ字が違うのですけれど

こちらの壱岐の月読神社の御祭神も
3つの読み方で
御祭神が三柱いらっしゃるのですね。


知りませんでした。。


ただ、、
なんとなく
壱岐の月神さまと
神宮の月読命あ
完全には重ならないのでは、、
などというイメージが。。


いつか御参りして
ご挨拶させていただきたいです。


もうだいぶ昔
内宮別宮の月読宮にてご挨拶させていただいた時のことが
とても自分の中では印象深くのこっておりまして。。


また神宮に参宮させていただきたいなぁ。。
とも思います。

都神社庁の参宮ツアーで行ったのが
最後だから、、
数年前ですね。。


色々
御参りしたいところが
ありますね



今は忌中で家の神棚でもお祈りできないので
さびしい。。です。

お寺さんを見つけて
じっくりご先祖さまのご供養など
お祈りしてみようかしら、、とも思います。

4月の石山寺でも
結局小一時間お不動様の前で座っておりました。

そうやって座らせていただけるのは
本当にありがたいです。


お寺の方に
おこられちゃうかな、、と思ったのですが
逆にがんばってますね、と
お声がけ頂き
心が澄んでいる方とお話しできて良かったですなどと言われて。。。

そんなお声がけをいただけるなんて思いもしなかったので
はずかしいやら
ほっとするやら。。


そんな風に
あたたかく許していただけるお寺さんが
どこか近くに見つかるとよいなぁ、、などと
思っております。











posted by 明日処 at 22:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

仏様とのご縁

こんにちは、深禮です。

先日、親戚の葬儀に参列してきました。

生前とても信心深い御方でして
ずいぶんお寺さんと深くご縁を結んでいたようです。

そのご信心の深さを思いますと
ご供養やご先祖様、仏さまについても
あらためて考えさせられました。
とても貴重な機会をいただきました。

ご冥福をお祈りするとともに
生前お世話になりましたことを含めまして
心より感謝御礼の気持ちを捧げたいと思っています。

  


少し前から、仏教的なことの必要性を
感じてはおりましたが、、
まだまだ良いかなとも思っていました。

それでも
仏教的な信心もまったくないわけではなくて
般若心経を写経したり、読んだりすることは
ずいぶん前からあって
(般若心経を読むと不浄な存在を呼ぶという方もおられるようなのですが、
わたしの場合は幸運なことに、特にそのような経験はありませんでした。。)
観音経もよく読んでいました。。。
偈より、その前の段が好きでした。


あるいは、、
苦しいとき
自分をみつめるために
秩父の札所をまわるということもやったことがありました。
最後から2つめの札所から駅への帰り道
歩いていると
かなりはっきりとしたお言葉をいただきました。

でも、、
当時はその言葉はどうしても受け入れられませんでした。。

と、いうのも、
今の自分ではだめだ、、と思って
どうしたらいいのか、、そんな思いを抱いて
廻っていたのですが
いただいた言葉は

「受け入れよ。
 すべて ありのままを受け入れよ」

というお言葉。

それがそれこそお寺の鐘のように
ごーーーーん!!と頭の中に響いてきたのですから。

あるいは天からずごーーんと落ちてきたとでも
申しますか・・・。

「いやです!無理です!!」と
 泣いてしまうという情けなさ。。


ほんとにへたれで恥ずかしいのですが、、

これ、、
わたしは今もあんまり進歩していないのかもしれません。

ただ
少しづつ受け入れられるようになっているとは思います。

いえいえ、、
当時よりは自然になっていると思います。
今の方が
かなりまし、、かな。。。

すこし認められるようになってきましたね(笑)


札所ですが、
その後も
お客様と
ご供養の必要があって、ご一緒に廻ったことがあります。

それは私にとっても必要な修行でしたので
こちらからお願いして同行させていただく、
という形をとりました。

とてもありがたい経験だったです。


ただどうも
今はそれ以上、深める必要性を感じています。

何をどうするというより
神仏に対する姿勢、、かな。。

それを深める時にきている感じです。


言葉で表現すると
まだちょっと掴みずらいです。

今までは
単にイメージの世界でしょ、、と
突き放していられた部分も
リアルですよね、、と受け入れざるを得ないこともあり
(もちろん、このあたりは答え合わせ済みです)

いつからこんなことになったのかと
少し前は
ちょっと
いえ、、かなり焦っていたのですが

今はもう、、
ただ単純に受け入れて進もうと思います。


なんだかなぁ。。

いきなりそんなに自分が変化しているなんて
気がつかなかったです。。
ほんとに。
いきなり変化している自分に気づくことの戸惑いは、
かなり激しかったのですよね。。

そうは言っても
頭では考えられないので
このままただいつのまにか進むのかしらと
思っています。

お導きのままに。


ありがとうございます。


posted by 明日処 at 11:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

和を築く

こんばんは、深禮です。

先日
大道芸にお詳しい方をはじめ
何人かでお食事をしました。

大道芸というのは
定住をしないで
国と国との境界線によって縛られること無く
行き来をする人たちでもあります。


先日書きました
傀儡という漂白の民と
あい通づるところがあります。



話をする中で
わたしが日頃からおもっている疑問を
口にしてみました。


わたしは
今、表記文字があった以前の時代に
もしも
平らな社会があったとするならば
今こそ
その心持ちで
和、輪をつないでいかなければならないと思っています。

でも
実際にどこからどう手に付けて良いのかは
わかりません。

ただわかっているのは
まず自分自身が
その理想とする社会を
イメージできるようでなければ
ということです。

言い換えると
それをイメージすることくらいしかできません。

大道芸など、身近に触れられて
どんな社会が
理想的な平らな輪の社会でしょうか。
たとえば縄文的社会というような感じでしょうか??と。

すると
いやそうではないでしょう。

今この現代社会では
自分の国のことだけ考えて
平らな輪をイメージするわけにはいかないでしょう。
というお話をくださいました。

はっ!として、
確かにそうだ。。と思いました。

過去に範をもとめても仕方の無い時代に
わたしどもは生きているのだな、、と。



色々な宗教、文化があって
国があります。

その中で
自分が一番ただしい、自分の国さえよければよい
というぶつかり合いがあって
そこから大きな不安が生まれています。


昔お世話になったサイキックヒーラーさんは
よくおっしゃっていたのは

人と人の間の違いではなく
相似点を見つけることです。

それを見つけるようにしてゆくと
能力的にもUPしますよ。
というお話。

それはちょっと間に1クッションあるのですけれど
違いではなく同じ処と見つけるようにする
というのはポイントなのかもしれません。


以前NHKで
日本人のDNAは他のアジア人とは違うとても古い配列が含まれる
というお話がニュースとして取り上げられていました。

それだけでなく
ネット情報(これは間違いも多いのできちんと確認する必要がありますが)では
世界全体の最古層の配列とも言えるようなDNAを持っているのが
日本人である、、という説もあるようで
興味深いです。

その古いDNAの中に
和を尊ぶ精神が根付いていてくれたら、、と思います。

永く生き残ってきたDNAなのであれば
それがゆえの
特別感や優越性にすり替えたりせず

むしろ
他との違いではなく
融和を見いだす方向性に
舵をきってゆけるようでありたいもの。



世界を見て
和を考えなければならないのですが
そこにゆきつくためには、
まず

自分の一番身近なところから
ちゃんとしてゆく、

和をつくってゆく
という行動を
積み重ねてゆくことで

それが
いつか大きなエネルギーとなってゆくことを
イメージする 

それが自分にはしっくりくるのかな、
と思いました。
私の場合は、そこからしか
はじめられないようです。


イメージし
行動する。


上からしろしめすのではなく

ともに尊重し合う。

きめつけるのではなく、
違いを認め
受け入れる。

その上で
必要なことは
与え合う。
支え合う。

一日一回でも
そういう行動がとれたら

自分が変わるでしょうし
自分が変われば
きっと何かが変化します。


一日一善ノートでも
つけてみようかな。。



posted by 明日処 at 21:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

すべてゆだねる

こんばんは、深禮です。

今日は写真なしで文章のみなのですが

おつきあいいただけましたらうれしいです。


先日、舞のお稽古がございまして
そのとき感じたことを
記してみたいと思います。


最近、、
神さまからのお呼び(英語で言うとcallingですかね。。)が
強まっていて
実はけっこうきついです。

そんな中、舞のお稽古があったのですが

先日御奉納をされた先生と大先生に習いながらのお稽古でした。


この舞は
常民ではなく漂白の民が
神前でのみ舞う舞で、
人々の穢れを一身に引き受けてそれを神さまにお渡しし
神さまが清めてくださるという舞なのです。


今までは
所作を身につけることで精一杯だったのですが
先日のお稽古では
ようやく
舞ながら
どんどん自分の内側深くに入ってゆく
という感覚が
わかってきました。


その中で
わたしが感じたのは
漂白の民、傀儡が

今日の身も
明日の身も
何もわからぬこの世のこととて
すべて神さまにお預け申そうという
心持ちでした。

なにもかも

すべて

神さまにゆだねる。


舞の所作を通じて
その感覚が
身体を通って
自分の心につながったとき

おもわず目頭があつくなりました。


わたしも
明日の身がわかりません。

どう進んでゆくのかも

皆目見当がつきません。

ただただ
もっとつよく
神さまの近くにこいと
呼ばれ
どうしたらよいかもわからず

でも進むしか無い
道は
前にしか続いていない
という状態です。


今までは
色々自分の頭で考えて
行動して、、とやってきましたが

これからは
もう
すべてゆだねて
その結果もすべて
ありがとうと言いながら
受け入れてゆくしか
ないのかな、、と

今はそんな心持ちです。
すてて、すてて、すてていったときに、
自分が本当にやりたいことはなんですか??
ある方から問われたのですが

自分は自分のために生きることが難しくて
答えがでません。

ただ必要な事
求められていることのみ
やっているように思います。

そんな風にお答えしました。


夏至をまえに過渡期、、なのかもしれません。



必要なことは全て
もたらされる感じがしています。

ただ
ゆだねるしかないのかな、、と思います。


ありがとうございます。


posted by 明日処 at 19:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

6月7月のスケジュール

koajisai_mini2.jpg


こんばんは、深禮です。

6月7月のスケジュールを
ご案内させていただきます。


実は急に親戚に不幸がございまして
23日まで忌中になります。

そのため
神棚でお祈りすることができません。

それまでお仕事をお休みさせていただきます。

恐れ入りますが
ご了承ください。


そして、、
6月24日(土)は
日本の神道文化研究会で
三橋健先生の講話の会を行います。

わたしも舞わせていただきますので
その日はお仕事をお受けできません。


25日はお休みをいただき、
ミニリーディング(事前の浄化なし)のみ
26日からお受けいたします。

ご相談(事前の浄化&お祈りあり)は
お目にかかる前までに
最低でも3〜4日お祈りいたしますので28日からお受けいたします。


以下、スケジュールです。


6月26日(水):ミニリーディングのみ〇
6月27日(木)ミニリーディングのみ〇
28日(金)〇

29日(土)×
30日(日)△(時間によります)

7月1日(土)×
2日(日)×
3日(月)×
4日(火)×
5日(水)○6日(木)○7日(金)○8日(土)×
9日(日)×10日(月)×11日(火)×12日(水)○
13日(木)○14日(金)○15日(土)○
16日(日)○17日(月)○18日(火)○19日(水)○
20日(木)○21日(金)△22日(土)×
23日(日)○24日(月)○25日(火)○26日(水)○
27日(木)○28日(金)○29日(土)○
30日(日)○

6月7日現在


7月の予定は変更することがございますが
現在のところこのような状況になっております。


ご相談・・・80分/2万円
*お時間は基本的なことは80分で終わりますが、
場合によっては多少後ろに伸びることもございます。
後にご予定がある場合には
あらかじめお教えください。

**また、80分をかなり超過してご相談が続きます場合、
ミニリーディングの料金に準じて延長料金を頂戴する場合もございますので、
あらかじめご了承くださいませ。


ミニリーディング
20分/4千円
60分/1万円


どのコースを選択されたかと、
ご希望の日時を3つ以上お書き添えの上

asuka☆earth-healing.jpまでメールをお送くださいませ。
(☆を@にかえてメールをお送りください)



posted by 明日処 at 21:50| スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする