2017年06月06日

盛会でした。

DSCN3064 (4).jpg

こんばんは、深禮です。


先日の舞の会で
若先生が神社の月次祭に
舞を御奉納されました。

その日は私の神道学の師匠主宰の
研究会も神社で行いまして

大変盛況な会となりました。

ご参会の皆様方
お世話になりまして、
ありがとうございました。




IMG_1961 (4).jpg
一応、お稽古風景として、
わたしだけの写真。
本当はもっとたくさんの方が
舞っています。

この舞につきましては
ご縁の或る方にのみ、
伝わる舞だと思います。
ですから、
はじめてまだ間もないわたしが
あまり宣伝するのもいけないと思っています。

ただ、、
感想だけ。

若先生の舞、、

本当に素晴らしかったです。

舞が始まる前の立ち姿だけで

胸の真ん中が震えて
ただただ涙が静かに
あとからあとから流れてきます。


そのうちに西向きの拝殿の入り口から
夕日が差し込んできたらしく

みなさまおっしゃるには
スポットライトがあたったように
美しく舞人が輝いていたと。


わたしは
ただただ
静かに
涙しておりました。


終わったあとは
何か心の中が浄化されたようで

本当にありがたかったです。


この舞に出会えてよかったです。


とにかく
皆様に有益な化学変化があれば、、
との思い一筋で

あちこちに
調整の連絡をとらせていただきましたが

お慶びのご感想を
メールや直接
お寄せ頂きましたこと

ほんとうに
ありがとうございました。
この場をお借りしましてまずは御礼を申し上げます。

今は
ほっと一安心しております。



当日急居20名様の直会会場を
おさえましたので
一部屋に全員の方にお入り頂くことができず
行き届きませんでした。
申し訳ありませんでした。


ですが、、
後から伺うと
違うテーブルにおられた方々も
とても楽しいお話で盛り上がられたとのこと。


わたしも
色々なお話お伺いしたかったです。




私はといえば
色々おつなぎすることに
精一杯で
飲食をあまりできなかったのですが

それにさっと気づいてくださった
研究会の方が
おにぎりをたのんでくださったりと
あたたかいお気遣いをいただき
本当に感激いたしました。
ありがとうございました。



とにかく
人と人の輪 和をつなぎたかったのです。





わたしはこの和が
とても大切です。


ただそれだけです。


みなさまのおかげで
本当に楽しいひとときを過ごさせていただけて

そのことが

よるべなく海をただよっているわたしに
まるで浮き輪を投げかけてくれているような

ほっとしたひとときを
与えてくださいました。


心より
感謝申し上げます。

ありがとうございました。
posted by 明日処 at 21:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

神代の言の葉カード 速佐須良比

t02200304_0800110713361238874.jpg

こんばんは、深禮(みれい)です。

今日は祓戸四柱の中の最後の女神である
速佐須良比唐ウまについてのご紹介です。

最初は2012年8月に出版されたカードの
ガイドブックに記載されているメッセージから。。

「祓えば罪穢れは無くなる。
確かに無くなろらうが、行いと言葉への反応は
必ず返る。
行いや言葉が無くなるわけではない。
それは必ず何らかの反応を生む。
だから人は
腹から心まで
まっすぐつながっておらねばならぬ。
よく己を振り返れ。
己が心を振り返れ」

というものでした。

耳が痛いお言葉なのですけれど

勢いに任せた言葉って
よくあります。。


特にまずいのが
メールとかラインとかなどの
書いて送った言葉ですね。


書いてしまったものは
相手のところにずっと残りますから。

言った方、
放った方は忘れるのでしょうが
受け取った方は
簡単には忘れにくい。

話言葉も同じですが
記録が残っているとね。。


後から
なにかまずかったと思ったときには
せめてまずは
お詫びはしたいと自分の場合は
思ってます。

言葉で出したものは
まずは
言葉によってとりけすべきだと
わたしは思っているので。


なんとなく悪いと思っているって
わかるでしょ、、、で
すまないことってありますし。


その後で
誠意をもって接するというか。

それでもわかってもらえなかったときは
仕方がないのかな。。



ほんとうに
気をつけたいものです。


さて、、
次に4月に佐久奈度神社さまに御礼の御参りをしたときに
ブログをご覧になっている方に
メッセージをお預かりさせていただいた言葉です

「終わったことにしがみつかぬこと
終わったら
はじめの心にもどれ
すべて循環する
1つが終わったら
またはじめの心に
もどることぞ」


とのことです。


いつまでも
一つのことにしがみついてしまうことって
あります。

たとえば、、
しがみつくものといえば
過去の恋愛とか???
許せない思いとか??
苦い思い出
悲しい思いの数々、、
といったところでしょうか。。

そういったものは
もういらないと思っているのに
なにかひっかかってしまったりして
自分の進みを妨げてしまう。


でも
済んだことは仕方がありません。

速佐須良比唐ウまにお預けして
先にすすみましょう、
ということでもありますし、、

また

一つの事を成し遂げたからといって
いつまでもそれを反芻して
余韻にひたっていては
その先のレベルに進めない
ということでもありますよね。


とにかく
すべての物事は循環しますから

どんどん
先に進んでしまいましょう!


わたしも
最近大きな一つの階段を
登った感覚です。

今日は節入り。

また
今月もがんばりましょうね〜
posted by 明日処 at 22:43| 神代の言の葉カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

神代の言の葉カード 気吹戸主

t02200305_0800110913361236085.jpg

こんばんは、深禮です。

今日は祓戸四柱の神さまのうち
気吹戸主さまから
お預かりしたメッセージをお伝えしますね。


2012年に発売されたカードの
ガイドブックを書いたときのメッセージは

「自分を偽るのは一番危険である。
人の心の中に神の心あり。
もっとも深い処にある己の心、
神の心と繋がる己の心を偽ってはならぬ。
自らを偽るのは神の心を偽ると異ならず。
まことの心に違う行い、言葉はなかったか、
一日、一日よく振り返り、
己の心をまことの心とあわせよ」

という言葉でした。


それで、、
先月末に佐久奈度神社さまに御礼とご報告の御参りをしたときに
ブログをご覧のみなさまへのお言葉を
お預かりしまして。

それがこちらです。


「急がねばならない。
一人一人が本当に望む世界を思い描いてほしい。
憎悪、怒りがあふれ
それらにもとずいた世界が動いている。
目先のことにとらわれるのではなく
本当にどんな世界に生きたいか
思い描いてほしい」

との言葉でした。


急がねばならない
と、お伝え頂いていたのに
なんと一ヶ月も
わたしのところであたためてしまいました。。

申し訳ありませんm(uu)m


でもね。。
これもタイミングなのかもしれません。


ほんとうに
もう
はじまっていて。

たぶん
今となりに居る人が

明日となりにいるかどうかはわからない
っていう。

極端に言えばそんな
ルールが発動中ですよね。


いえ、、
確かに隣にいるのだけれど

それは昨日までのエネルギーとは
違った人になっているかも。

わたしたちが
自分のエネルギーにあわせて
世界を創造しているということは
もう
おわかりいただいていると思いますし。


だから
思いが重ならない人とは
なかなか会いにくくなるのかもしれませんよね。



気持ちだけうわずっていても
だめだし。

何も行動しなくても
だめだし。


できることからこつこつと。

思い描くことからこつこつと。

世界を創造してゆく。

そういうことですよね。


政治的にも、
自然災害だって、、

心配なことはたくさんあります。

間に合うのだろうかと
思います。

でも、、

その恐れにエネルギーをそそいだら
その世界を強化することになります。

そのエネルギーの何倍ものエネルギーを

どういう世界を作りたいかに
真剣に注ぎ込んでほしい
という
神さまの願い。

できるところから
うけとって、
はじめてゆきたいです。

真剣に

ほんきで。。
posted by 明日処 at 20:31| 神代の言の葉カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病のこと2

こんばんは、深禮です。

だいぶ久しぶりですが
自分の病気のことを振り返って書いてみようかな、、と
ふと思いました。

わたしの家族も昨年一つ臓器摘出しまして、
回復は順調でしたけれど
臓器が一つなくなると身体のふんばりってきかなくなりますから、
この暑さがこたえてないと良いなと思っています。

わたしは暑さのせいか何かわかりませんが
やっぱり身体にふんばりが聞かないので
めまいがして横になることもよくあります。
まぁいわゆる更年期なのかもしれませんけれどもね。


みなさまもご無理なさらず
身体の声を聞いてゆったりすごせますように!

病気のことpart2です。



まず一度目の手術で

臓器の一部細胞をとって

検査を行うことになりまして。。


初めての入院。

でもその頃ちょうど座禅をはじめていたので

手術開始予定時間から3時間くらい待たされても

ずっとベッドの上で座禅をしてすごしてました。

手術後の夜は寝苦しかったものの
薬を使う程ではなく。無事退院。


まず最初の手術で細胞の状態をみないとなんとも言えないというお話でしたが

先に結論から書いてしまいますと、、
一応結果として悪いモノは出なかったけれど

患部はもっと奥の方なので

まだ安心はできない、とのこと。

でもとりあえず安心な結果となりました。。

ただ、、
結果が出る前のこと。。

カードの著者にあってみたいということで、
或る方のご紹介で人にあうことになったのです。

手術から1週間くらいだったのかしら。。(もう少し手前かも。。)

電車で1時間以上かけて人にあいにゆくことになりました。


でも、、なぜかその人にあったあと

おなかがものすごく痛くなり。。


でも、、せっかくのご縁だからと思って
もう一度あったのがいけなかったのか。。

おなかの痛みはどんどん増して

結局
緊急入院(笑)

熱発して39度越えおなかがいたくて歩行困難になりました。

やっとの思いでタクシーに乗り込んで病院に行ったら
そのまま入院。
2度目の入院です。

かい菌症ということで
要は手術の傷口にばい菌が入ったということですね。


やっぱり。。
身体の声はきくもんだと思いました。

ずっとあとで
その方をご紹介くださった方に
申し訳ないけれど、
ちょっと私にはエネルギーが重く感じられて
最近お会いしてませんとお伝えしたら、
意外にも納得して頂けて。。

そうだったのか。
なら無理しなくてよかったんだな。。
というような。


たしかに
妄想かな勘違いかな思い込みかな
気のせいかな。
でもやっぱりなんかものすごくエネルギーが重い。。
身体きつい。。痛いなぁ。。

そんな時は直感を信じた方がよいのかもしれません。

もちろん、その方のエネルギーとは関係なく、
術後動いたのがいけないのかもしれませんが
1週間たたずに仕事に復帰する方もいるような手術でしたので
油断したのかもしれません。
他の方よりちょっと深く細胞をとったと聞かされていたので
もう少し用心すべきだったのかも。。

とにかく、、
身体が弱っているときは
むりしないのが一番ですよね。

わたしが自分を守ろうという意識が低かったのが一番の原因かな。。


こんなことも含めて

病をつくる原因というものに

もっと深く目をむけようという気持ちになりまして。


身体の臓器やチャクラというのは

年齢と結びついているというのはよく知られていますよね。


臓器と感情も結びついている

また経験も。

そこからも
わたしは自分の病気にものすごくなっとくしてました。


もともと遺伝的にそこが弱いというのは知っていましたから
連綿と続く負の連鎖なのかもしれません。



ただ
それだけでなくて
この病をつくったのは

わたしは生まれてきてはいけなかったという
どうしてもぬぐうことのできなかった思い
だったと思います・


安心してくださいね。
今はそれはないので
ここに書くことができます。

続きはまたこんど。


posted by 明日処 at 20:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

神代の言の葉カード 速開都比

t02200305_0800111013361230868.jpg

こんばんは、深禮です。

今日は佐久奈度神社さまで受け取ったメッセージの
2回目、ということで
速開都比唐ウまです。



カードのガイドブックを書いたときに受け取りましたメッセージは

「たとえどれほど大きな事成し遂げたと思うても
それがまことの心と違うておれば、罪穢れ(つみけがれ)として
飲み込もう。
まことの心とたがうことなく行え。
偽りの心もて作り上げたものは
永くは続かぬ。
はやく本(もと)の心に立ち返るがよい。
本の心とははじめの心
この世つくられた大神さまの心じゃ」

というものでした。。

もう一回書き直すと
なんだか汗が出てきますね。。

本の心より
元の心の方がよかったんじゃないかな。。とか。


さて、、
今回お預かりしたメッセージです。

「今は過渡期である。
色々なもの、
古きもの、必要の無いものは
飲み込まれてゆく
その時
心に痛みがあるかもしれないが
ただ見つめて受け入れるようにするがいい
そのうち
道筋がみえる」

ということばでした。


わたし個人になぞらえましても

今までのものの考え方ですとか

対人との接し方ですとかでは

もう立ちゆかないというか、、

そのことをまざまざと感じます。

ほんとうにそういう時って苦しいですね。


ほんとうは
仲良くしたいのに

できない。。


気持ちがつっかえてしまって
どうにもならない、、
なんてね

ちょうど
神社に御参りしてこの言葉を受け取ったとき
そんな感じでした。。


そのつっかえさせているものを
じっくり見て
もういらないなら手放すしかないんですよね。

元の心って
とっても素直な心だから

その気持ちのままでいられればいいのに。

どうしても許せなかったり
流せなかったり

でも先にすすみたい。


古いシステムにしがみつく
これは
エゴの抵抗ですね



そこをどうしたいのか
自分自身に問うて
手放したいな、、と思います。

素直に〜

でも、心は痛むんだよね。。

それは必至。

それでも先にすすむかどうか、、
なのよね。


実は
私自身には
またぜんぜん違ったメッセージを
頂いていて
それをこの文章を書きながら
今見返してみました。

わたしへくださったメッセージの
キーワードは
自分を受け入れること
素直
でした。


うん。
がんばろう
posted by 明日処 at 21:22| 神代の言の葉カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする