2017年05月25日

あるがままで



こんにちは、深禮です。

今日も日拝、気持ちよかったです。
わたしじしん、、っていうエネルギーを
しっかり受け止められます。


色々ね、
わけがわからなかったんです。

わたしじしん、、っていってもね。。あんまり広くて深くて。


ちょっと前に、新しい名前をいただいたけど
その使い方もわからなくて。
他の名前を頂いた方々には、肩書きもついてるのに、
どうして私のにはそれがないんだろう、とか。
どうやってはたらけばいいの?!とかね。


いまでもわかりません。
だから使いたくても使えないんだけど、
そういう煮詰まった感全部、
まるまるいいや、OKと思ってます。


この間の草むしりのお陰様かなぁ。


教えていただいたこと
落ち着いたらやります。





posted by 明日処 at 13:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

6月24日の三橋先生の講話会&舞のお知らせ

17362597_288001138295631_5279561671267067600_n.jpg

川合深禮です。

今日は2つめの記事をUPさせていただきます。

来月6月24日(土)に

わたしが所属しております
日本の神道文化研究会で
主宰の三橋健先生による
講話の会が催されます。

内容は6月といえば、、
大祓ということで
「健やかな毎日を過ごすための心身の大掃除 大祓」というタイトルで
先生が講話をしてくださいます。

三橋先生は御著書が多いだけでなく
とてもわかりやすくお話くださるので
とってもファンが多い方なのです。

難しい大祓祝詞についても
やさしく内容を解説くださいますし

日常で行う祓いってどんなことだろう、、
などという素朴な疑問にもお答えくださいます。

是非ご参加くださいませ。

17458333_288001164962295_5031220543678891014_n.png

場所などくわしい情報は上の写真をクリックしてみてくださいね。

もしおわかりになりにくければ
わたしにお問い合わせくださっても結構です。


実は当日
わたしも浦安の舞を舞わせていただくことになりまして。。

今回はこういう本装束ではないですが。。

2017-05-08-12-13-28_photo.jpg

でも
一生懸命舞いますので
是非よろしければおこしください。

おまちしています



posted by 明日処 at 22:26| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地自然にはずされずに生きる

sunrise-165094_640.jpg

こんばんは、深禮です。

きのうはじっとしてよう、、なんて書いたのですけれど

なんとなく また 出発しています(笑)


実は今月に行われた大祭の日から

また久しぶりに太陽拝(ヨガではないですよ)を
再開しています。

毎日ではないのですけれど

思い出したときに

できるだけ。


昔島のユタ神から教えを受けていた頃は
毎日おこなっていまして

その当時は
ユタ神n教えて頂いた呪詞を歌って祈っていると
曇っていても
雲がどんどんひらけて
太陽が顔を出すということが
よく起こりました。

他にも
初めて訪れた神社に滞っていた
そこで修行していた方々の残像思念から
太陽の光が助けてくれたこともありました。。
(くわしくかくと長くなるので省略。。)


その後
ユタ神の回りの方々から
島の人間でもないわたしが
色々教えてもらっていることについて
なんやかんやありまして、、

そのお話の方を信じたのでしょうか

疎遠になったということもあり

また

私自身が
島の拝み方では
地理的にむずかしいと思って

内地式、、
つまりは神道のやり方へと移行していったため

太陽への祈りは
すっかりご無沙汰していました。

それに、、

たまに祈っても
昔のように
太陽と繋がることができにくくなっていたから
なんとなくやめていたという部分もありました。


それが、どうしてなのかわからないのですが

8日の朝
太陽に祈ったとき
久しぶりに
太陽の光がどんどんと強くなってゆくのを感じたのです。

この感覚は久々
もしかしたら
また以前のように祈れるのかもしれない

そんな思いでおります。

その後
なんとなく続けていますが

やっぱりてごたえが或る感じがしています、


そんなおりだったのですが
昨日家人が注文していたという本が届きまして

その本の中に
島のユタ神の遺稿(ノート)が
資料として載っていたのです。

タイミング的にちょうどぴったりで。。

2017-05-23-21-32-03_deco.jpg

これは一部なのですけれどもね。。


この方はとても有名な方で
民俗学者の研究書などにも
よく登場する方なのです。



ご存命の時によくおっしゃっていたのが

神社やお寺など
人がつくったものに祈るのを忘れても

天地自然の神々に
祈るのを忘れたらいかん ちゅうこと。

天地自然にはずされたら
人は生きていけませんよ。

そういうことを
よくおっしゃっていました。


わたしは島生まれではないから
島の祈り方そのものでやってゆくことはできないけれど

天 地
そして風や木々
光 岩 水

そうした自然 命

その源 根源に心をあわせて

天地自然の神々
命の源に祈るということを
自分の根本にしてゆこうと思います。


シャーマン、と名乗ると
本当に色物あつかいされるので
嫌ですが

たぶん
いちばんしっくりくるのだろうな、、と思います。

自分の過去世の
ネイティブアメリカンのシャーマンにも
自宅で遭遇してますしね(笑)


あまり気負わず
ひょうひょうと
私自身ありのままでいようと思います。


posted by 明日処 at 22:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

今はじっとしていよう。。

DSCN0347.JPG

さいきん 勉強したほうがいいのか それともいけないのかがわからなくて

煮詰まっていたときに

草取りをさせていただく機会がありまして。。


おいそがしいのに

草取りをご一緒させていただいて

ありがとうございました。。
(と、いってもご覧になってはいないと思うのですけれど)


なんだか 今はすこし 落ち着いて。。

ほんとうに

あの時間が
なにかとっても

ありがたかったです。





まだ どうしたらいいのかわからないけれど

わかるまで

じっとしていようかなと思いました。


自分では知識偏重のつもりなんて

まったくないですけれど。。

どうしてそう思われてしまうのか

わかるまで

じっとしようと思います。




ひつようだから知りたいだけなのにな。。と、、


そう自分ではおもうけれど

人から見たらなにか違うのかなぁ。。



写真は関係ないけれど

沖縄のカ−の写真です。



そういえば、、


刀の
神つなぎも

していただけなかったなぁ。。









posted by 明日処 at 21:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

奥のお山の例祭

こんばんは、深禮です。

今日は奥のお山の例祭でした。

2017-05-15-09-21-47_photo.jpg


(確か)標高1077メートルと小さなお山ではあるのですが

神奈備型の美しいお山で わたしの大好きな場所です。

その頂上近くに

ヤマトヤケルノミコトがお祀りされたお社があります。



ここ数年参列させていただいているのですが

山を登ると汗をかき、頂上は麓より気温が低い分

いつも寒いな〜と感じるので

今日は防寒具を装備して登拝させていただきました。


山は雨が降り レインコートを着つつ登りました。

頂上についてお祭りの準備をなさっている間も

まだ雨が降っていたのですが

祭典が始まって 献饌くらいだったでしょうか??


空が明るくなり 雨があがって 霧になって流れてゆく様が

とても美しかったです。

そのありようをみて

ほんとうに なにもかも あるがままの姿で美しいな と

思いました。

わたしが、、という気持ちなどなくても

神さまはみんなみておられるなぁと

そう感じました。

スムーズに進む時もあるし

とまるときもあって


それも全部 お計らいだな、、と


心配しなくていいんだな、、なんて


そんなことを


美しい光と霧と木々の景色の中で

ぼんやりと思っていました。



いつもいつもそう思えているようになればいいな、と思います。


でもだんだんそんな風に思う時間が

少しずつ増えているように思えます。


お祭りのあとは 山上での直会

下からお料理を運んでくださる方々がいて

そのおかげで おいしい お料理とお酒をいただきました。


わたしは お酒を少し担いで登りました。


2017-05-16-17-29-38_deco.jpg

みなさま とても優しくて

最初のころは緊張していたのですけれど

あたたかく接してくださるので

安心して その場にいられます。


いつも そのことが とてもありがたいなぁ、、と思うのです。


ありがたい とはなかなかないという意味でもありますが


すこしずつ

そういうありがたくて あたたかい場や関係を

広げ 深めてゆきたいと思いました。


今年もありがとうございますm(uu)m


posted by 明日処 at 20:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする